アメリカの電圧・プラグの形・周波数・変圧器

アメリカへ旅行する、留学する、移住するとなった時。
日本の電化製品は使えるのかな?

そう心配される方は多いようです。

やはり使い慣れたものを持って行きたいですよね。

ここでは、

  • プラグ・コンセントの形は同じかどうか?
  • 電圧と周波数の違いは?
  • 変圧器は必要か?

について、我が家のプラグや変圧器の写真を添えて、どうすればお得かの体験談も合わせてお話します!

アメリカの電圧とプラグの形

日本からアメリカに旅行に行く方、留学・移住する方の多くは、

「電化製品を持ち込むのは良いけれど、それをアメリカでも使えるのか?」

と疑問に思われるようです。

せっかく持っていったのに、コンセントの形が違って差せなかったなんて、悲しすぎますよね。

アメリカのプラグの形は、こちらになります。

3つ穴プラグ。
2つの縦穴に丸いアース用のピンがついてます。

んん?と思われた方!

2つ穴プラグの日本の電化製品もきちんとはまるので大丈夫です!

プラグ、コンセントの形については、全く心配はいりません。

 

問題は、電圧の違いです。

アメリカの電圧と周波数

日本の電圧は100vで、周波数は50Hz~60Hz。

アメリカの電圧は110~120Vで、周波数は60Hz。

日本に比べると、アメリカの方が電圧が高くなっています。

「じゃあ、やっぱり使えないのかな?」

ところが、そうでもないのです。

なぜなら、最近の日本の電化製品は、100~240vの電圧に対応している製品が増えているからです。
お値段もお手頃です。

 

海外対応のドライヤー

海外対応のヘアアイロン

海外対応のくるくるドライヤー

でもまず、ご自分がお持ちの電化製品の仕様をチェックしてみましょう。
仕様電源のところに、

入力:AC100~240V

と書かれていれば、アメリカの電圧に対応していますので、使用できます!
しかし、

入力:AC100V

と書かれていたら、日本の電圧にしか対応していないので、アメリカでは使用できません。

 

でも、どうしても使いたい場合は…変圧器という手があります。

アメリカの電圧に変圧器で対応

変圧器を使えば、日本の電圧にしか対応していない電化製品でもアメリカで使うことができます。

しかし変圧器にもいろいろあって、これがちょっと面倒なのですが、まず使いたい電化製品の消費電力はどれくらいかをチェックします。

電力が高くなればなるほど、変圧器は高額になり、大きく、重くなります。

これは、我が家が実際に使っている変圧器です。
両手でないと持てないほど、重い!です。

ちなみにアメリカで買いました。
日本で買うより安いと思います。

カシムラ 海外国内用型変圧器 220-240V/1500VAだと 価格:¥ 22,000くらい 本体重量:5.6kg

 

変圧器、高いですよねー、重いですよねー^^;

変圧器は、旅行される方が持ち込まれるのは現実的ではないと思います。
高いし、重いし、スーツケースに入れて運ぶのはちょっと…。

ドライヤーは対応している物が多いし、していなかったら、購入された方が安いでしょう。

「対応してないドライヤーを変圧器なしで使ったら、どうなるの?」

熱を発する電化製品は、火災の原因になる可能性があります。

ただ、何の問題もなく使えた、という話も聞きます。

プシューと煙を吐いて使えなくなった、という話も聞きます。

これは自己責任になってしまいます。
私はお勧めしませんし、自分は使ったことはありません。

 

移住される方。
炊飯器だったら、アメリカで購入された方が良いです。

私も買ったばかりだったので、日本製のを写真の変圧器で使っていましたが、今は良い日本製の炊飯器があります。
あ、でも、日本でも海外対応の炊飯器、出ているようですね。

電子レンジ、冷蔵庫などは家に付いていることが多いです。
この辺、もしご質問があったら、コメントで訊いてください^^

まとめ

アメリカの電圧について、いかがでしたでしょうか。

  • アメリカは3つ穴プラグだが、日本の電化製品は使えるので大丈夫
  • アメリカの電圧は110~120Vで、周波数は60Hz
  • 100~240vの電圧に対応している製品ならアメリカでも使える
  • そうでなければ、変圧器を使用するべし

短期の旅行なら、変圧器が必要になることはないと思います。
どうしても使いたい時は、必ず入力電圧を確認し、100−120Vか100−240Vと書かれているアメリカの電圧対応の物を使ってくださいね!