抜けた乳歯はどうする?保存方法とアメリカ式のすすめ

子供の抜けた乳歯、どうしますか?

投げる?
保管する?

私達が子供の頃は、抜けたら投げたものでした。
でも、住宅事情が変わった今、投げると言っても困る方も多いですよね。

「保管派」ママには、乳歯の保存方法とオススメ乳歯ケースをご紹介

ケースに入れる前にしっかり洗浄、除菌しましょう!

「投げる派」ママには、アメリカ式をご紹介

子供達がワクワクする、素敵な方法です!

乳歯から永久歯へ

子供の歯は6歳ぐらいから永久歯へと生え変わるため、抜け始めます。

最初に下の前歯、次に上の前歯と抜け、全部生え揃うのは14歳頃と言われています。

生え変わる歯の数は、全部で20本です。

さて、抜けた乳歯、どうしましょう?

まずは「保管派」ママさんへ。

抜けた乳歯の保存方法

乳歯はケースに保存する前に消毒しましょう。

抜けた時に付いた血やタンパク質などの汚れをキレイにしないと、雑菌が繁殖して変色してしまう恐れがあります。

やはり、白い綺麗な状態で保存しておきたいですよね!

煮沸する方法もありますが、簡単なのはオキシドールを使った洗浄です。
オキシドールは、消毒薬としてよく使われています。

  • 用意するもの:
    オキシドール
    ペットボトルのフタ(無ければ、小さな入れ物)
    古くなった歯ブラシ
    爪楊枝や歯間ブラシ
  • 手順:
    ペットボトルのフタにオキシドールを入れ、乳歯を入れます。
    そのまま一晩浸けます。
    酵素があると泡が発生します。
    次の日の朝、歯ブラシや爪楊枝、歯間ブラシを使い、水洗いします。
    その後、しっかり自然乾燥させてからケースに入れて下さい。

これで綺麗な白い乳歯のまま保存できます^^

次は、オススメの乳歯ケースのご案内です。

乳歯ケース

乳歯ケースプレミアム【高級桐天然木使用】/抜けた年月日・お名前記入用アクリル板付 (王冠)

高級桐材を使用し、日本の職人がひとつずつ手作りした、楕円型のかわいい乳歯保存ケースです。
全ての乳歯を収納でき、歯が抜けた日付、名前が書ける透明アクリル板付のプレミアム仕様です。

ベビートゥースアルバム Baby Tooth Book-Pink 乳歯ケースブック Pink bta0004-02 【ラメ入り】

本棚に保管できるアルバム型の乳歯入れです。
全ての乳歯を収納でき、歯が抜けた日付、名前、写真のスペースがあります。
乳歯ケースは1つずつ乳歯を保管できるように仕切られていて、失くしてしまわないように1箇所だけ穴の開いたフタが付いています。

【木製】 乳歯のおうち

まとめて保存で良いかな?という方はこちらはいかかでしょう?
木の温もりが感じられるカラフルでキュートな乳歯ケースです。
15〜20本の乳歯が収納でき、保存に適したゴムパッキンが付いています。
パッキンは色違いがあります。

 

続いて「投げる派」ママさんへ。

乳歯が抜けたらどうする?

私が子供の頃は、歯が抜けたら投げたものでした。

丈夫な歯が生えてくるように、

  • 下の歯は屋根の上に
  • 上の歯は縁の下へ

でも住宅事情が変わってしまった今。

縁の下って?
マンション住まいで屋根って言われても?

投げたくても投げられない、そんな「投げる派」ママさんにオススメしたいのが、アメリカ式です。

 

アメリカでは、トゥース・フェアリー(Tooth Fairy)、歯の妖精がやって来ます!

乳歯が抜けると、子供達は枕の下に歯を置いて寝ます。
そして子供達が寝ている内に、トゥース・フェアリーが歯を集めに来て、代わりにコインを置いていくのです!

子供達は歯が抜けると、

コインが貰える!
今夜はトゥース・フェアリーが来る!

とワクワクします^^
妖精が来るなんて、ちょっとサンタさんが来るクリスマス気分で楽しいですよね。

もちろん歯を集めて、コインを置くのは親のお仕事です。
我が家では、回収しやすいように歯をジップロックの袋に入れて置いていました。

この作業、何回目かになって来ると気が抜けるのか、すっかり忘れてしまい、
「トゥース・フェアリー来てない〜!!」
と翌朝、娘に騒がれて大慌て。
「昨夜は忙しかったのかも。今夜、もう一回置いてみよう!」
なんてこともありました^^; 要注意デス。

 

コインの相場は、アメリカではクォーター、25セントコインです。
でも大きくなるにつれて、1ドルコインへと値上がりしました。

日本なら100円?
それでお菓子やアイスを買って食べよう!なんて約束も楽しいですね。

あるいは、日本のではない他国のコインを、ジャラジャラと瓶に入れて集めるなんてのも良いかも!

小さい時は、歯と一緒にトゥース・フェアリーにお手紙を書く、というのもやりました。
返事は親が頑張って書きます^^;

内容は、

白い素敵な歯をありがとう!
この歯でお城を(または、ピアノの鍵盤を)作るね。
虫歯があると作れないから、歯みがき頑張ってね!

みたいな感じです。

娘も小1の時に手紙を書いたので返事を書いたら、大喜びでした。
学校に持っていき、クラスで先生が読んでくれて、大人気だったそうです。
小学校1年だと、まだ可愛いですね。

 

歯は妖精が持っていってしまいますから、子供には見つからないように処分します。

もちろん、子供に見つからないように保管もオーケーです!

まとめ

抜けた乳歯をどうするか?

「保管派」ママのための

  • オキシドールを使った保存方法
  • オススメの乳歯ケース

「投げる派」ママのための

  • アメリカ式トゥース・フェアリー

をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

子供にとって歯が抜けるのは、最初は血が出るし、ちょっと痛いし、怖いことかも知れません。

でも可愛い乳歯ケースやトゥース・フェアリーで、楽しみになってくれたら、嬉しいですね!