アメリカのブラックフライデーとサイバーマンデーはいつ?どんな日?

ブラックフライデー(Black Friday)は最近、日本でも聞かれるようになりましたね。
元はアメリカの大セールの日ですが、日本でも行うお店が多くなったようです。

ブラックフライデーって、どうしてブラックなの?
いつの金曜日に行うの?
アメリカでのブラックフライデーはどんな感じ?

ブラックフライデーに続くのが、オンラインショップの大セール、サイバーマンデー(Cyber Monday)です。

混雑したところは苦手でも、お得に買い物もしたい。
そういう方にオススメなのが、サイバーマンデーです!

この記事では、アメリカの2大最強セール、ブラックフライデーとサイバーマンデーに迫ります。

ブラックフライデーの由来といつ?

「ブラックフライデー」という言葉は、小売店が黒字になる(利益を上げる)日、という意味からきています。

フライデー、金曜日なのは、「ブラックフライデー」がサンクスギビングデー(感謝祭)の翌日だから。

感謝祭は11月の第4木曜日と決まっています。

だから、

ブラックフライデーは11月の第4金曜日

固定です。

 

しかし「ブラックフライデー」という言葉が最初に生まれたのは、ショッピングではなく、1869年9月24日の金融危機でした。

悪徳資本家として名高いジェイ・グールドとジェイムズ・フィスクは、市場買い占めのために金(きん)を買い漁りました。
値段を釣り上げ、膨大な利益を得ようとしたのです。

これにより暗黒の金曜日(ブラックフライデー)に、株式市場が崩壊、金持ちも農民も、誰もが破産しました。

 

1950年代には、フィラデルフィアの警察が、感謝祭の翌日に起こる混乱をあらわす言葉として使用しました。

毎年土曜日に行われる大規模なフットボールの試合の前に、郊外から大勢の買い物客や観光客が、金曜日に押し寄せてきたのです。

警官は休みを取ることができないだけでなく、シフトを増やし、交通整理をしなければなりませんでした。

またスリや窃盗も出没し、警察にとってはまさにブラックフライデーでした。

 😥 「ブラックフライデー」最初は破産や混乱という暗いイメージだったのですね。

1961年にはフィラデルフィアですっかり広まっていた「ブラックフライデー」でしたが、小売店はネガティブな印象を嫌っていました。

そこで新しく定着させようとしたのが「ビッグフライデー」でした。

でもこの試みは成功しませんでした。
他の地域に広がらず、1985年になっても全国的に普及しませんでした。

 😀 無理やりな言葉は無理だった、ということですね。

しかし、1980年代後半になり、小売店は「ブラックフライデー」のイメージをネガティブからポジティブへと変える方法を発見しました。

赤字から黒字になり儲かる

という解釈です。

こうして、ネガティブなルートは忘れられるようになったのです。

 

今では、ブラックフライデーの朝はどんどん早くなっています。

熱心な買い物客は、感謝祭の食事が終わるとすぐにショッピングのために出かけます。

2015年の全米小売業連合会の調査によると、推定135.800万人(アンケートの58.7%)のアメリカ人が、感謝祭の週末で買い物をしました。
さらに1883万人(79.6%)がサイバーマンデーにオンラインで買い物をする予定と答えていました。

※でも実際、伝統的に売り上げが一番多いのは、クリスマス前の土曜日だそうです。

アメリカでのブラックフライデー

ブラックフライデーの朝はどんどん早くなっていると書きました。

ローカルショップは早朝からの営業です。
だいたい朝の4時、5時にオープンしてセール開始です。

しかしアウトレットや大型ショッピングモールだと、金曜日の午前0時にオープン。
あるいは前日夜の10時にオープンなんてところも増えてきました。

明らかに過熱してきています。

 

ブラックフライデーでは全商品値引きが当たり前、目玉商品がいくつも並びます。

例えば、最新型の薄型テレビが199.99ドルなど。
もちろん個数制限ありです。

普段は絶対に値引きをしないアップルストアでも、値引きをします。

 

入場のために夜中から行列ができます。

場所によっては、2〜3日前からテントを張って並ぶところもあります。

レジはもちろん長蛇の列です。

体力と気力がないと、アメリカのブラックフライデーは乗り切れません。

 

最後にブラックフライデーの動画をご紹介します。
略奪暴動の動画かと思われるかもしれませんが、ブラックフライデーです^^;

次は、家で楽々ショッピング、サイバーマンデーのお話です。

サイバーマンデーの由来といつ?

サイバーマンデー」という言葉は、全米小売業協会のシニア・バイス・プレジデントであるエレン・デイビスによって作られました。
彼女の写真がこちらにあります、綺麗な方ですね。

初めて使用されたのは、2005年のホリデーシーズンでのオンラインショップでした。

Shop.orgの責任者であるスコット・シルバーマンによると、この用語は2004年の調査に基づいて作成されたそうです。

調査によれば、「その年最大のオンラインショッピングの日」は、感謝祭後の月曜日だったのです。

なのでサイバーマンデー、インターネットの月曜日なのですね^^

また小売業者によると、前年の12月5日から15日もよく売れた期間だそうです。

 

アメリカでは感謝祭(11月の第4木曜日)から、ブラックフライデー(金曜日)、そして

週末の4連休明けの月曜日がサイバーマンデー

になります。

感謝祭に帰省していて自宅に帰ってきた人、ブラックフライデーで買い物してさらに買い物をしたい人などが、ドッとオンラインショップに押し寄せるワケです。

まとめ

アメリカのブラックフライデーとサイバーマンデーはいつ?どんな日?、いかがでしたでしょうか。

  • ブラックフライデーは11月の第4金曜日
  • 由来は金融危機の暗黒の金曜日から始まり、フィラデルフィア警察の感謝祭翌日の混乱
  • そして赤字から黒字になり儲かるというポジティブなイメージで定着した
  • アメリカではこの日は、午前0時〜早朝から目玉商品を狙って買い物客が押し寄せる
  • サイバーマンデーが初めて使用されたのは2005年のホリデーシーズン
  • サイバーマンデーは週末の4連休明けの月曜日

でした。

人混みと長蛇の列が苦手な私は、ブラックフライデーに参戦したことが一度もありません。

もう体力にも自信がないので、行くことはないでしょうね…若いうちに行っておけば良かったかなあ、と思います。

アメリカは返品天国なので、ブラックフライデーに勢いで買って、後で「やっぱ要らない」と気楽に返品する人もたくさんいます。

こういうのも、ちょっと苦手なんですよねー。

その代わり、クリスマス向けの買い物はいつもサイバーマンデーを利用しています。

ウロウロ歩き回らないで済むし、荷物は運ばないで済むし、楽チンですよね!

ただ衣類は、サイズが合わなかったり、分からなかったり、それが面倒なんですけど。