NBA選手ランキングTop10【2018-19シーズン】トッププレイヤーは?

NBAのレギュラーシーズンに入り、アメリカの主要スポーツメディアでは、

誰が今シーズンのベストプレイヤーになるか?

の予想に入っています。

ESPN、CBS、FOX Sports、Sports Illustratedが、2018年9月に発表した4記事のトップ10をポイントに換算し独自集計、

NBA選手ランキングTop10【2018-19シーズン】

にまとめて、お送りします。

10位:ジョエル・エンビード

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

ポジション:

背番号:21

出身国:カメルーン

ドラフト:2014年3位

ジョエル・エンビードは、2記事で9位、1記事で10位で、10位となりました。

7フィート(213センチ)の選手が世界最高のプレイヤーとなる可能性は疑問視されています。
しかしエンビードなら、革命的な活躍を期待できるでしょう。

9位:クリス・ポール

ヒューストン・ロケッツ

ポジション:PG

背番号:

出身国:アメリカ

ドラフト:2005年4位

クリス・ポールは、1記事が8位と9位で、9位となりました。

ヒューストン・ロケッツとの最初のシーズンは芳しくなく終わりましたが、何故チームがポールを獲得したのかを証明しました。
ポールは、必要な時にポイントへと繋がるプレイが出来るプレイヤーです。

8位:カワイ・レナード

トロント・ラプターズ

ポジション:SF

背番号:

出身国:アメリカ

ドラフト:2011年15位

カワイ・レナードは、1記事が6位、7位、8位で、8位となりました。

レナードが完全に健康で、精神的にも専念するのであれば、トロント・ラプターズは東の優勝候補です。

7位:ラッセル・ウェストブルック

オクラホマシティ・サンダー

ポジション:PG

背番号:

出身国:アメリカ

ドラフト:2008年4位

ラッセル・ウェストブルックは、2記事で7位、2記事で8位で、7位となりました。

ウェストブルックは、2シーズン連続で平均トリプル・ダブルを達成したのは驚きです。
おそらくNBAの才能あふれる一流選手の中で、最も変わっているプレイヤーです。

6位:ヤニス・アデトクンボ

ミルウォーキー・バックス

ポジション:SF

背番号:34

出身国:ギリシャ

ドラフト:2013年15位

ヤニス・アデトクンボは、2記事で6位、1記事で4位と7位で、6位となりました。

アデトクンボには、まだまだ伸び代があります。
チームを引っ張ることが出来れば、ノックアウトが可能でしょう。

5位:アンソニー・デイビス

ニューオーリンズ・ペリカンズ

ポジション:PF

背番号:23

出身国:アメリカ

ドラフト:2012年1位

アンソニー・デイビスは、2記事で5位、1記事で3位と6位で、5位となりました。

デイビスは25歳と若いし、チームの成功をもっと経験していれば、リストの先頭に立てるでしょう。

4位:ジェームズ・ハーデン

ヒューストン・ロケッツ

ポジション:SG

背番号:13

出身国:アメリカ

ドラフト:2009年3位

ジェームズ・ハーデンは、2記事で3位、1記事で4位と5位で、4位となりました。

ハーデンは単独でチーム全体を引っ張っていく能力があります。
ハーデンは自分自身を、バスケットボールの最強兵器に変えました。

3位:ステフィン・カリー

ゴールデンステート・ウォリアーズ

ポジション:PG

背番号:30

出身国:アメリカ

ドラフト:2009年7位

ステフィン・カリーは、1記事で2位と3位、2記事で4位で、3位となりました。

ポストシーズン前に31歳になりますが、大きな怪我をしないように熟練度を高めています。
カリーは、個々の攻撃をより効率的なチームプレイに変換できる、リーグ史上数少ないスターの1人です。

2位:ケビン・デュラント

サンダーストラック 奇跡を呼ぶダンクシューター(字幕版)

ゴールデンステート・ウォリアーズ

ポジション:SF

背番号:35

出身国:アメリカ

ドラフト:2007年2位

ケビン・デュラントは、3記事で2位、1記事で4位で、2位となりました。

改善しようとする情熱を持つデュラントは、今シーズンは再び良くなるでしょう。
デュラントは完璧な双方向プレイヤーです。

1位:レブロン・ジェームズ

ロサンゼルス・レイカーズ

ポジション:SF

背番号:23

出身国:アメリカ

ドラフト:2003年1位

レブロン・ジェームズは、4記事で1位に選ばれ、ダントツの1位でした。

2013年からMVP(NBA最優秀選手賞)は受賞していませんが、リストのトップであることは変わりありません。
バスケットボールIQが高い選手です。

ESPN
CBS
FOX Sports
Sports Illustrated

まとめ

NBA選手ランキングTop10【2018-19シーズン】トッププレイヤーは?、いかがでしたでしょうか。

  • 10位:ジョエル・エンビード
  • 9位:クリス・ポール
  • 8位:カワイ・レナード
  • 7位:ラッセル・ウェストブルック
  • 6位:ヤニス・アデトクンボ
  • 5位:アンソニー・デイビス
  • 4位:ジェームズ・ハーデン
  • 3位:ステフィン・カリー
  • 2位:ケビン・デュラント
  • 1位:レブロン・ジェームズ

という結果でした。

レブロン・ジェイムス、強いですねー、無敵という感じですね。

ちなみに2017-2018シーズンのSports IllustratedとESPN [( )がESPN] のトップ10は、

1位:レブロン・ジェームズ
2位:ケビン・デュラント
3位:ステフィン・カリー(カワイ・レナード)
4位:カワイ・レナード(ステフィン・カリー)
5位:ジェームズ・ハーデン(ラッセル・ウェストブルック)
6位:ラッセル・ウェストブルック(アンソニー・デイビス)
7位:クリス・ポール
8位:アンソニー・デイビス(ジェームズ・ハーデン)
9位:ヤニス・アデトクンボ
10位:ドレイモンド・グリーン

でして、同じ方がグルグルしている印象?

さて、トップ3を崩すことが出来るでしょうか。
今後の活躍が楽しみですね。