アメリカバイソンはバッファロー?生態や天敵と肉販売

アメリカバイソンはバッファローと呼ばれています。
あれ、でもバッファローって水牛ですよね?

ここでは、

  • アメリカバイソンはバッファロー?
  • アメリカバイソンの生態
  • アメリカバイソンの天敵(オオカミとの対決動画も!)
  • バイソン肉販売!牛肉よりヘルシーで安全?!

について詳しくお話するとともに、

  • アメリカバイソンに会える動物園・サファリパークリスト

もご紹介しています!
アメリカバイソンが好きになること間違いなしです^^

アメリカバイソンはバッファロー?

アメリカバイソン(学名:Bison bison)は、北アメリカに分布する野牛です。

バッファローとも呼ばれますが、これは通称。

本物のバッファローは、アジア水牛かアフリカ水牛で、こんな顔をしています。


全然、違いますよね?

アメリカには水牛がいないので、野牛のバイソンをバッファローと呼ぶようになったそうです。

だから正確に言うと間違いですが、アメリカではバイソンを「バッファロー」と呼んでいます。

アメリカバイソンの生態

体長:3〜3.8メートル

これはオスの平均です。
メスだともう少し小さくて、それでも2メートルから3メートル以上はあります。

体重:550〜1100キロ

これもオスの場合。
メスよりもオスの方が大きくなり、大きいものだと1700キロを超えるそうです!
メスは300〜550キロくらいですから、オスの方が倍近く大きくなりますね。

尾長:90センチ

これはオスの最大の尻尾の長さです。
メスだと50センチくらい。


見た目は写真の通り、肩から背中にかけて盛り上がり、重量感たっぷりの巨体です。
頭部から肩、前脚にかけて、ふさふさした毛で覆われています。
この毛が毛布のように、寒さから守ってくれます。

こんな体付きですが、牛ですから、主食は草、木の葉です。
そして一日の大半を食べることに費やします。
季節の変わり目には、餌となる草を求めて、群れで移動します。

群れは、オスはオス同士。
(オスは一頭での行動もあり。)
メスは子供と一緒です。

ナワバリはなく、繁殖期にだけ、オスはメスと合流します。

この時にオス同士での、突進して頭をぶつけ合う激しい喧嘩がおこります。
これはメスへの強さアピールです。

繁殖期は6〜9月。
妊娠期間は9.5ヶ月。
なので出産は4〜5月で、一頭の赤ちゃんを産みます。

オスは3年、メスは2〜3年で大人になります。

足は速く、時速60キロメートル以上で走ることができます。

また嗅覚と聴覚が優れていて、匂いに関しては、8キロ離れた水場の匂いが分かるそうです!
スゴイですね。

現在アメリカでは、イエローストーン国立公園で野生のアメリカバイソンを見ることができます。

アメリカバイソンの天敵!国の哺乳類へ

アメリカバイソンの天敵は、オオカミとヒグマです。

でもこの体ですから、狙われるのは子供や、年取って弱った個体。
普通に戦えば、まずバイソンが負けることはありません。

こちらの動画では、ベイビーバイソンがオオカミに襲われます。
でもそこにお母さんが現れ…!

ネイティブ・アメリカンは、食料としてバイソンを狩猟していました。
毛皮や骨は、服やテント、矢じりに使いました。

それでも弓や、崖から追い落とすなどの伝統的なやり方だったので、自然の均衡は保たれていました。

しかし17世紀に白人の入植により、事情が一変します。
銃を使った狩猟で、バイソンの数は急激に減少。

さらに娯楽による乱獲や、先住民達の食料を奪い、飢えさせる目的で殺害を繰り返しました。

こうしてアメリカバイソンは、一時、壊滅的な状態となります。
数千万頭いた数は500頭ほどにまで減少。


絶滅危惧種として保護活動を受けた現在。
20万頭ほどに回復し、もう絶滅危惧種ではなくなっています。

そしてオバマ大統領は、2016年5月、バイソン遺産法を成立しました。
アメリカバイソンは、「国の哺乳類」に指定されました。

バイソンの本当の天敵は、人間かも知れませんね。

バイソン肉販売!牛肉よりヘルシーで安全?!

こうして数が増えたアメリカバイソン。
今では、スーパーでバッファロー肉として売られるまでになりました。

バイソンのお肉は、牛肉・豚肉・鶏肉に比べて、低脂肪・低カロリー・低コレステロール。
野生に近い状態で飼育されているので、一時期話題となった狂牛病などの心配もなく、安全です。

私の近所にもあるスーパー、Whole Foodsでもバッファロー肉、見かけます!

お値段は牛肉よりちょっと高いけれど、オーガニックの良いのと比べたら同じくらいです。

お味は調理法によると思います。
私はまだ食べたことがないのですが、食した人によると、

牛肉にかなり近くて美味しい

そうです。

バッファロー肉、もしかすると日本でも近い内にスーパーで売られるかもしれないですね?

バイソンに会える動物園・サファリパークリスト

アメリカバイソンのいる動物園とサファリパークを調べてみました。
ぜひ、アメリカバイソンに会ってみてくださいね!

※アメリカバイソン目当ての場合は、お出かけ前にご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

  • アメリカバイソンが、アメリカではバッファローと呼ばれること
  • オスがメスよりもダントツに大きい体
  • 群れで移動する生態
  • 天敵は実は人間だったという過去から、国の哺乳類となった今
  • ヘルシーで安全なバイソン肉
  • 日本の動物園情報

をお送りしました。

アメリカバイソンって怖いイメージでしたが、つぶらなお目目が可愛いかもと思ってしまった私です^^

 

ところでバッファローステーキ(バイソン肉)、夫が旅行先で食べたことがあります。
硬くて不味かったと言っていました。

でもこれは多分、調理法が悪かったのだと思います。
だって明らかに焼きすぎでしたから。

機会があったらバイソン肉、トライしてみますね!