アメリカでのディズニーキャラクター人気ランキング10

  • 2018年8月18日
  • 2018年11月4日
  • 話題

アジアでは、ミッキーマウスよりも人気のあるキャラクターがいる。
その名は、「ダッフィー&フレンズ」!

という紹介の記事が、アメリカで出ていました。

なるほど、ディズニーランドでは人気の縫いぐるみですものね。

では、

アメリカではどのキャラクターが一番人気があるのでしょう?

2017年10月発行の記事から、

ディズニーキャラクター人気ランキング10

をお届けします。

10位:クマのプーさん

 

View this post on Instagram

 

Disneyさん(@disney)がシェアした投稿

1926年のA・A・ミルンの児童小説が元ですが、今ではディズニーのプーさんのイメージの方が強いですね。

プーさん、ブタのピグレット、ロバのイーヨーなどは設定自体がぬいぐるみ!
…なんて、ディズニーファンの方なら当然ご存知ですね。

商品展開しやすい設定だなあ、と思ったりしました。

一家に1つか2つは、プーさん達のぬいぐるみがあるのでは?
もちろん我が家にもあります、娘のお気に入りでした。

2018年9月14日には、実写映画『プーと大人になった僕』が公開予定です。

面白そう!

9位:ムーラン

1998年に公開された、中国の伝説「花木蘭」をモデルとしたお話『ムーラン』のヒロインです。
正義感にあふれた男勝りで、明るく優しい性格。

アメリカ人は、こういう黒髪長髪、一重の切れ長目美人が好きだと思います。

中国の民族衣装を着ているイメージなので、こういう今風な格好をしていると珍しくて目を引いて、可愛いですね!
ファンの人もこのイラストの絵をたくさん描かれてました。

こちらも実写版の映画が2020年に公開予定だそうです。

Nerd Múltiploさん(@nerd_multiplo)がシェアした投稿

美人ですね!

8位:ウォーリー

Disney_russiaさん(@disney_studio.tv)がシェアした投稿

2008年に公開された、ピクサーのCGアニメ『ウォーリー』の主人公です。
ゴミ山と化した地球で、黙々とゴミ処理をしていたウォーリーが印象的でした。

日本では結構、忘れ去られているキャラかと思いましたが、アメリカではまだ人気なんですね〜。

7位:ジャック・スパロウ

 

View this post on Instagram

 

Disneyさん(@disney)がシェアした投稿

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの主人公です。
一作目の公開は2003年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』。

ジョニー・デップが演じています。
ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズをイメージしたと言われています。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは、ディズニーパークにあるアトラクション、カリブの海賊をベースに作られました。
そこから2017年で5作、スゴイですね。

映画はまだ作られるそうですし、ジャック・スパロウ人気も続きそうですね。

6位:ポカホンタス

1995年に公開された、ディズニー映画で初の実在の人物を扱った『ポカホンタス』のヒロインです。
インディアンのポウハタン族の娘で、好奇心旺盛で知性豊かな女性。

アメリカでは史実と違い過ぎる、人種差別だ、などと色々問題があった作品ですが、未だ6位という人気の高さ!

ムーランと同じく、黒長長髪、切れ長の目が魅力的です。


ところで、この記事のヒロイン達のイラストは、2018年12月に日本公開の映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』からです。

プリンセス達が可愛いですね!
リラックスしている姿が最高〜。

5位:シンデレラ

Vanessaさん(@disneydreamdestination)がシェアした投稿

1950年に公開された、シャルル・ペロー原作の童話『シンデレラ』のヒロインです。
ブロンドに青い瞳、希望を失わず優しい心の持ち主。

ディズニーアニメの最初のヒロインは、1937年の白雪姫ですが、ガラスの靴のシンデレラの方が人気が高いようです。
(このイラストの白雪姫も、なかなか可愛いと思いますけどね、ポイズンの服を着ていてw)

4位:ジーニー

Victor el Bizarroさん(@victorelbizarro)がシェアした投稿

1992年に公開された、砂漠の王国アグラパーを舞台とした『アラジン』に登場するキャラクターです。
魔法のランプに宿る青いジンで、ジーニーは「精霊」を意味しています。

主人公でないキャラクターがランクインしているのは、ジーニーだけですね。
ジーニーが特別に愛されているのが分かる気がします。

ジーニーを演じていたのは、今は亡きロビン・ウィリアムズ。
彼のハイテンションな演技とアドリブが、ジーニーを作り上げ、愛される存在にしたと言えるでしょう。

3位:ベル

1991年に公開された『美女と野獣』のヒロインです。
読書と空想が大好きで、風変わりな娘だと思われている美しい娘です。

アニメで初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされた作品で、とても人気が高かったので、未だにヒロイン人気も高いようです。

今では当たり前となってしまいましたが、当時は映像の美しさに息を飲んだものでした。

歌も素敵でしたね。

2位:ウッディ

 

View this post on Instagram

 

Pixar Animation Studiosさん(@pixar)がシェアした投稿

1995年に公開された、ピクサーのCGアニメ『トイ・ストーリー』の主人公です。
カウボーイ人形で、アンディ少年のお気に入りでした。

2019年6月に『トイ・ストーリー4』が公開だそうです。

これは楽しみですね。
ウッディ人気はまだ続きそうです。

1位:ミッキーマウス

Mickey Mouseさん(@mickeymouse)がシェアした投稿

やはり1位は、1928年にスクリーンデビューした我らがミッキーマウスでした!

今やアメリカ文化のシンボルのような存在です。
まあ、当然と言えば、当然ですね。

まとめ

アメリカでのディズニーキャラクター人気ランキング、いかがでしたでしょうか。

  • 10位:クマのプーさん
  • 9位:ムーラン
  • 8位:ウォーリー
  • 7位:ジャック・スパロウ
  • 6位:ポカホンタス
  • 5位:シンデレラ
  • 4位:ジーニー
  • 3位:ベル
  • 2位:ウッディ
  • 1位:ミッキーマウス

という結果でした。

ミニーやドナルドはいないの?と思ったあなた!
ランキングによっては、かなりバラツキがありますので、これは一例だと思ってご覧ください。

こちらは、一番新しいランキングの結果です。
おそらく地域や何ヶ月か違うと、また全然違った答えになっていると思います。

それだけディズニーキャラクターへの想いは、皆さん色々あるということでしょうね。

ちなみに私は…ベイマックスが好きです。