MLB選手の平均身長と体重【2022年】ポジション別に紹介

こんにちは、2000年からシリコンバレー在住のMAKIです。

2022年MLBチームに在籍している現役の全選手のデータ(身長・体重の記載のある1028人)を集め、ポジション別に集計しました!

MAKI

日本のプロ野球選手との比較もしています

こちらの記事では、

  • MLB選手ポジション別の平均身長と体重
  • 一般男性や他のスポーツ、日本のプロ野球選手と比べると?
  • 最も背が高い、低いMLB選手は?
  • 最も体重が重い、軽いMLB選手は?

ということが分かります。

目次

MLB選手ポジション別の平均身長と体重

BASEBALL REFERENCEの2022年現役のMLB選手1028人のデータを集計したところ、

MLBプレイヤーの

平均身長は 74インチ (188cm)

平均体重は 207ポンド (94kg)

です。

平均的なアメリカ人男性の身長は69.3インチ (176cm)なので、かなり高めです。

 一方、NFL アメフト選手の平均身長は74インチ (188cm) 、NBA バスケットボール選手の平均身長は78インチ (198cm) なので、スポーツ選手としては特に高いとは言えません。

ちなみに、日本のプロ野球選手の平均身長は181cm、体重は85kgです。

MAKI

アメリカの方がやはり大きいですね

ではポジション別に見ていきましょう。

投手

アメリカでは先発、救援と2種類で登録されています。

先発投手、スターティングピッチャー(SP)

平均身長
平均体重
  • 74.8インチ(約190cm)
  • 209.8ポンド(約95kg)

救援投手、リリーフピッチャー(RP)

平均身長
平均体重
  • 74.5インチ(約189cm)
  • 211.3ポンド(約96kg)

身長も体重もほぼ同じですね。

日本のプロ野球選手は平均身長182cm、体重86kgです。

日米共に投手は平均よりも少し高めのようです。

現役選手で一番背が高いのは?

先発投手のショーン・ジェリー選手です。
身長は83インチ=約210.8cm。
サンフランシスコ・ジャイアンツ所属の28歳です。

現役選手で一番体重が重いのは?

先発投手のアレク・マノア選手です。
体重は285ポンド=約129.3kg。
トロント・ブルージェイズ所属の24歳です。

捕手

捕手、キャッチャー(C)

平均身長
平均体重
  • 72.7インチ(約185cm)
  • 211.4ポンド(約96kg)

投手、全体平均よりも低め、重めです。

日本のプロ野球選手は平均身長178cm、体重85kgです。

日本も低めですが、重さは平均です。

内野手

内野の守備をする、一塁手、二塁手、遊撃手、三塁手になります。

一塁手、ファースト(1B)

平均身長
平均体重
  • 74.5インチ(約189cm)
  • 228.5ポンド(約104kg)

二塁手、セカンド(2B)

平均身長
平均体重
  • 71.3インチ(約181cm)
  • 188.9ポンド(約86kg)

遊撃手、ショート(SS)

平均身長
平均体重
  • 72.6インチ(約184cm)
  • 189.5ポンド(約86kg)

三塁手、サード(3B)

平均身長
平均体重
  • 73.0インチ(約185cm)
  • 208.2ポンド(約94kg)

全体平均よりも低め、軽めですが、一塁手だけは高身長、それに伴う体重重めです。

日本のプロ野球選手は平均身長179cm、体重84kgです。

日本は少しだけ身長低めです。

現役選手で一番背が低いのは?

3人います、皆二塁手で、身長は66インチ=約167.6cm。

Keith Allison from Hanover, MD, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
ホセ・アルトゥーベ(2017年)

ホセ・アルトゥーベ選手、ヒューストン・アストロズ所属の32歳です。

KA Sports Photos from Hanover, MD, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
トニー・ケンプ(2018年)

トニー・ケンプ選手、オークランド・アスレチックス所属の31歳です。

Pablicotigre, CC BY-SA 4.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, via Wikimedia Commons
エステバン・キロス(2016年)

エステバン・キロス選手、シカゴ・カブス所属の30歳です。

外野手

外野の守備をする、左翼手、中堅手、右翼手です。

左翼手、レフト(LF)

平均身長
平均体重
  • 73.1インチ(約186cm)
  • 201.8ポンド(約92kg)

中堅手、センター(CF)

平均身長
平均体重
  • 72.9インチ(約185cm)
  • 195.4ポンド(約89kg)

右翼手、ライト(RF)

平均身長
平均体重
  • 73.5インチ(約187cm)
  • 207.0ポンド(約94kg)

全体平均よりも低め、軽めです。

日本のプロ野球選手は平均身長180cm、体重85kgです。

日本も身長は少しだけ低めです。

現役選手で一番体重が軽いのは?

ライトのセダンネ・ラファエラ選手です。
体重は135ポンド=約61.2kg。
ボストン・レッドソックス所属の22歳です。

おまけ

3名のみでしたが、指名打者で登録されていたので、こちらの平均も。

指名打者(DH)

平均身長
平均体重
  • 77.0インチ(約196cm)
  • 245.7ポンド(約111kg)

平均より8cm、かなり身長が高めです。

次はMLBの歴代高低身長・最重軽量選手です!

MLBの歴代高身長・低身長・最重量・最軽量選手

  1. 最も背が高いMLB選手は誰?
  2. 最も背が低いMLB選手は誰?
  3. 最も体重が重いMLB選手は誰?
  4. 最も体重が軽いMLB選手は誰?

最も背が高いMLB選手は誰?

2人います。

1人はジョン・ラウシュという選手で、身長は210.8cm、体重は131.5kgでした。

1999年にMLBドラフト3巡目(全体99位)でシカゴ・ホワイトソックスに入団、2014年まで7チームで投手として活躍しました。
2000年のシドニーオリンピックではアメリカ代表として出場し、金メダルを獲得しています。

もう1人はショーン・ジェルという選手で、身長は210.8cm、体重は103.4kg、現役で一番背が高いと紹介した選手です。

最も背が低いMLB選手は誰?

野球歴史家の間で多く議論されているテーマです。

記録に残っているのは4人、皆、身長は160cmです。

スタッビー・マグナー選手、1911年に11試合出場、ポジションは二塁手。

ヨーヨー・ダバリロー選手、1953年に19試合出場、ポジションは遊撃手。

ボブ・エメリッヒ選手、1923年に1シーズン出場、ポジションは中堅手。

マイク・マコーマック選手、1904年、詳細不明。

皆亡くなっているので、確実なことは分かりません。

Palmered, CC BY-SA 3.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0>, via Wikimedia Commons
ヨーヨー・ダバリロー(1953年)

最も体重が重いMLB選手は誰?

ウォルター・ヤングという選手で、身長は196cm、体重は146kgでした。

2005年にボルチモア・オリオールズに所属し、ポジションは一塁手および指名打者でした。
プレイしたのは1シーズンのみ。

2015年に35歳で心臓発作で亡くなっています。
死亡時の体重は200kgだったそうです。

最も体重が軽いMLB選手は誰?

こちらも野球歴史家の間で多く議論されているテーマです。

記録に残っているのは4人、皆、体重は54.4kgです。

キャンディ・カミングス選手、1872年から55試合出場、ポジションは投手。
カーブの考案者と言われています。

スパロー・マキャフリー選手、1889年にデビュー、詳細不明。

ジョージ・ライトナー選手、1901年、詳細不明。

ベニー・ウィルソン選手、1923年、あだ名は「リトル・ベン」、ポジションは外野手。

See page for author, Public domain, via Wikimedia Commons
キャンディ・カミングス(1872年)

また、こんな話もあります↓

公式に登録されていた訳では無いですが、出場した最小の選手がいます。

エディ・ゲーデルという選手で、身長は109cm、体重は64kgでした。
彼は小人症でした。

セントルイス・ブラウンズに所属し、左投げ右打ち。
1951年8月19日に1試合だけ代打として出場しました。

ピッチャーはストライクを取ることが出来ず、出塁したゲーデルの代わりに代走が出ています。
野球史に残る珍事と言われています。

1961年に36歳で亡くなりました。

※ここで使われている写真は全て:©️Wikimedia Commons/画像に変更を加えておりません

まとめ

MLB選手の平均身長と体重【2022年】ポジション別に紹介、いかがでしたでしょうか。

表にまとめました。

平均身長cm平均体重kg
先発投手19095
救援投手18996
捕手18596
一塁手189104
二塁手18186
遊撃手18486
三塁手18594
左翼手18692
中堅手18589
右翼手18794
指名打者196111
MLB全体18894
一般アメリカ人男性17690
一般日本人男性17264
日本プロ野球選手18185
  • 最も背が高い選手は、2人、身長は210.8cm
    ジョン・ラウシュ、体重は131.5kg
    ショーン・ジェル、体重は103.4kg
  • 最も背が低い選手は、4人、身長は160cm
    スタッビー・マグナー、ヨーヨー・ダバリロー、ボブ・エメリッヒ、マイク・マコーマック
  • 最も体重が重い選手は、ウォルター・ヤング、身長は196cm、体重は146kg
  • 最も体重が軽い選手は、4人、体重は54.4kg
    キャンディ・カミングス、スパロー・マキャフリー、ジョージ・ライトナー、ベニー・ウィルソン

でした。

日本プロ野球選手平均は、二塁手平均に近いかな。

昔の記録がちゃんと残っていないのも、面白い結果でした。

MLBについての記事

よかったらシェアしてね!
目次