幼児向け英語DVDのおすすめ!アメリカの子供番組で生の英語を

幼児期から英語教育をしたい方におすすめしたいのが、アメリカの子供達が観ているテレビ番組です。

子供向け番組には、

分かりやすいネイティブの生の英語
単純なストーリー
会話のノウハウ

が詰まっています。

子供は幼児期に他の語学に触れておくと、アクセントのない発音になるといいます。
8歳くらいから単語を覚えるアプローチが変わり、それ以前は聞いた言葉がそのまま記憶に残るのだそうです。

今回は特に、

今はティーネイジャーとなった私の娘が夢中で見ていた、絶対に面白いお墨付き番組を対象年齢順にご紹介します

どの番組も楽しいものばかりなので、英語が大好きになること、間違いなし!です。

ミッキーマウス クラブハウス【Mickey Mouse Clubhouse】

30分番組
対象年齢:1歳くらい〜低年齢向け

ディズニーチャンネルで2006年から放送しています。

ミニー、ドナルド、グーフィとお馴染みのキャラクターがいっぱい出てきて楽しいです。
小さい子向けですが、ちょっと考えさせられたり、結構、教育的です。

DVDは日本語と英語が切り替えられるので、便利です。

娘は小さい頃はディズニー大好きだったので、かなり気に入って観ていました。
ミッキーの家がいろいろ動くので、見ているだけでも楽しいです。

また番組内では、ミッキーや仲間達が視聴者に話しかけ、問題の解決方法を訊いてくるスタイルを取っています。
これで一緒に考える、答えるようになりました

飽きさせない工夫にもなっていますね。

ディズニー好き!というお子さんは多いと思うので、英語のきっかけに良い番組だと思います。

ウィグルス【The Wiggles】

11〜30分番組(DVDでは編集されてごちゃ混ぜなので余り関係なし)
対象年齢:1歳くらい〜小学生未満くらい

ディズニーチャンネルで2002年から放送していますが、元はオーストラリアの番組です。
番組名も「The Wiggles」「Wiggly TV」「Lights, Camera, Action, Wiggles!」「The Wiggles Show」と変化しています。

ウィグルスは音楽グループで、分かりやすい楽しい歌が子供達に大人気です。
番組では、歌と、縫いぐるみや海賊とのショートコントなどが入ります。

娘がいつも一緒に踊っていた番組です。

ウィグルスのメンバーは、今は女性も入り、初期のメンバーは1人だけとなっています。
しかし初期はDVDにもある、おじさん4人でした。
娘が観ていた時はこの4人で、この当時でも既に割といい歳だったのですが、ダンスでは足がガンガン上がって感動的でした。

コンサートはいつも超満員で、チケットは即完売という大人気
私も娘を連れてコンサートに2回行きましたが、とても楽しめました。
娘はステージの真ん前に出て、一緒に踊っていました。
(近くの席の子は、皆、そうします。それがオッケーの子供向けコンサートです。)

とにかく歌が楽しく、番組内でも繰り返し流れるので、すぐ覚えられます。

そこから英語らしいアクセントやフレーズを身に付けることができます
英語を耳に慣らすのに最適です。

ブルーズ・クルーズ【Blue’s Clues】

30分番組
対象年齢:2歳くらい〜小学校未満くらい

ニコロデオンで1996年から2006年まで放送されていました。

愛犬ブルーが、ある事を伝えるために家に中に残した3つのヒント(クルー)を、視聴者と一緒にスティーブが探すという内容です。
スティーブ引退後は、弟という設定で、ジョーが引き継いでいます。

アメリカでは最も成功した子供向け番組の1つと言われています。

スティーブお兄さん、ちょっと髪は薄いのですが、優しげで、何度も観ている内にファンになってしまいます。
引退した時は、娘と一緒に悲しみました。

ミッキーマウス クラブハウスより大きい子向けという感じで、こちらも視聴者に問題の解決法を訊いてきます。
娘は声に出して答えてはいませんでしたが、考えていたようです。

問い掛けがあるので、簡単ですが英語で考え、答える習慣が身に付きます。
アニメではない、普通の会話っぽいお兄さんの話し方にも慣れます。

ドーラといっしょに大冒険【Dora the Explorer】

22分番組
対象年齢:幼児〜小学校低学年くらい

ニコロデオンで2000年から2014年まで放送されていました。

7歳の女の子ドーラが親友の猿と一緒に、トラブルを解決しながら冒険をするお話です。

こちらのDVDも日本語、英語と切り替えられるので便利です。

ドーラはヒスパニック系の移民なので、スペイン語を多用します。
ドーラが頻繁にテレビから話しかけてくるのと、スペイン語が新鮮で面白かったようです。

娘が観ていた期間は短期間でしたが、娘はドーラ大好きでした。

英語と一緒に、スペイン語も学べます。
歌も楽しく、リズム良く頭に入りやすいです。


続いて、お勉強モード強めの番組に入ります!

リトル・アインシュタイン【Little Einsteins】

30分番組
対象年齢:幼児〜小学校低学年くらい

ディズニーチャンネルで2005年から放送されています。

4人の子供達がロケットに乗りながら冒険をし、問題を解決する物語です。

これもDVDで日本語、英語の切り替えができます。

娘はとにかくこの番組が大好きで、DVDも買って繰り返し観て、クラシックの曲もこれで覚えました
ピアノの先生に「リトル・アインシュタインで覚えたの?」と訊かれたのを今でも覚えてます。
英語の他、世界の絵画と地理、クラシック音楽も学べるアカデミックな内容です。

シド ザ サイエンス キッド【Sid the science kid】

30分番組
対象年齢:3歳くらい〜小学校低学年くらい

PBS Kidsで2008年から2013年まで放送されていました。

シドは幼稚園児で、科学者になりたい男の子です。
エピソードはいつも科学に関することで、とっても勉強になり面白いです。

ジェネシス・アワードの子供番組部門で、「Save the Stump!」のエピソードが受賞しています。
またデイタイム・エミー賞に6回ノミネート、TCAアワードに1回ノミネートされています。

科学なお話って、子供は大好きですよね。
娘も毎回、楽しみに観ていました。
アメリカの子供達にとっては当たり前ですが、日本人にはちょっと難しい科学の単語が自然に覚えられます。
あと知識も付きます。

スーパー ホワイ!【Super Why!】

30分番組
対象年齢:2歳くらい〜小学校低学年くらい

PBS Kidsで2007年から2012年まで放送されていました。

主人公ワイアットが3人の仲間と、本の中に入って冒険しながら問題を解決します。
アルファベット、スペル、発音、世界中の童話を学べる、とても教育的な内容です。

いかにもお勉強って感じでしたが、童話がテーマに入っているせいか、娘は喜んで観ていました。
あとキャラクターの可愛さですね。
アメリカの子供なら当然知っているABCの基本を学べます

マジック・スクール・バス【The Magic School Bus】

25分番組
対象年齢:小学校低学年〜中学年くらい

PBS Kidsで1994年から1997年まで放送されていました。

フリズル先生が子供達をマジック・スクール・バスに乗せていろいろなところへ連れていくというお話です。
海底、宇宙空間、人体の中、太古の世界と、教育的な内容です。

Netflixでも配信されています。

不思議大好きな子供達はハマること間違いなし!
娘も大好きで、本も全シリーズ制覇する勢いで読んでいました。

アメリカの子供達は、皆、大好きなシリーズです。
お友達も皆、読んでいましたし、学校の空き時間にはこのTVシリーズを観ることがよくありました。

語彙が格段に増えます
これが理解できるならOK!というシリーズです。

まとめ

幼児が英語を学べるおすすめDVDアメリカの子供向け番組、いかがでしたでしょうか。

  • ミッキーマウス クラブハウス【Mickey Mouse Clubhouse】
  • ウィグルス【The Wiggles】
  • ブルーズ・クルーズ【Blue’s Clues】
  • ドーラといっしょに大冒険【Dora the Explorer】
  • リトル・アインシュタイン【Little Einsteins】
  • シド ザ サイエンス キッド【Sid the science kid】
  • スーパー ホワイ!【Super Why!】
  • マジック・スクール・バス【The Magic School Bus】

どれも娘が大好きで夢中で観ていたオススメの番組です。

しかし、今回これを書くにあたり、娘に訊いてみたところ、悲しいくらいに覚えていませんでした。
がっくり。

でも検索して画像を見たら、
「あー!!そう言えばこんなの、あったねー!
と。

遠く記憶の底には残っていたようです。

英語の基盤になっているのかな??

そうそう、1つ気をつけていただきたいことが。

海外のDVDはリージョンコードが違うと見れないことがありますので、ご自宅のデッキで再生可能かご確認の上、購入されるようにして下さい!

よろしくお願いいたします。