子供のお留守番

アメリカで留守番は何歳から大丈夫?州ごとの年齢を一覧で紹介

こんにちは、2000年からシリコンバレー在住のMAKIです。

私の娘は今15歳です。
ひとり残して夫婦で買い物に行けるし(お留守番OK!)、ひとりで遊びにも行きます。

こういうことが出来るようになったのは、中学に入り、ひとりで登校するようになった12歳からでした。

12歳って法律で決まっているの?

12歳未満のお留守番は違法で、見つかったら通報されるとママ友の間でも当たり前に話していましたが…。
州によって違うのかな?

この記事では、

  • ひとりで留守番は何歳からか?州ごと一覧
  • 留守番についてのガイドライン
  • 留守番OKの9つのサイン
  • ベビーシッターが受けるべきクラス

をご紹介します。

州ごとの留守番ができる法的な年齢

州によって変わる、ひとりで留守番ができる法的な年齢制限一覧をご紹介します。

ワシントンポスト紙のLatchkey children age restrictions by stateという記事によると、法律で決められているのは、

  1. イリノイ州(Illinois Compiled Statutes
  2. メリーランド州(Baltimore County, Maryland FAQ
  3. オレゴン州(Oregon State Laws

の3州だけでした。

ガイドラインで推奨年齢を提示しているのは、

  1. カンザス州(Kansas Department For Children and Families
  2. コロラド州(Colorado Department of Human Services
  3. ジョージア州(Georgia Division of Family & Children Services
  4. テネシー州(Tennessee Juvenile & Family Court Judges
  5. デラウェア州(Delaware Division of Family Services
  6. ニューメキシコ州(City of Albuquerque Child Safety At Home
  7. ノースカロライナ州(NC Health & Human Services
  8. ノースダコタ州(Prevent Child Abuse North Dakota
  9. ミシガン州(The Michigan Child Protection Law (Appendix 2)
  10. ミシシッピ州(Mississippi State University
  11. ワシントン州(Washington State Dept of Social and Health Services

の11州でした。

その他の州は、法律でもガイドラインでも年齢が示されていない→「決まり無し」です。

留守番のできる年齢留守番のできる年齢
アーカンソー決まり無しニューハンプシャー決まり無し
アイオワ決まり無しニューメキシコ10歳推奨
アイダホ決まり無しニューヨーク決まり無し
アラスカ決まり無しネバダ決まり無し
アラバマ決まり無しネブラスカ決まり無し
アリゾナ決まり無しノースカロライナ8歳推奨
イリノイ14歳ノースダコタ9歳推奨
インディアナ決まり無しバージニア決まり無し
ウィスコンシン決まり無しバーモント決まり無し
ウェストバージニア決まり無しハワイ決まり無し
オクラホマ決まり無しフロリダ決まり無し
オハイオ決まり無しペンシルバニア決まり無し
オレゴン10歳マサチューセッツ決まり無し
カリフォルニア決まり無しミシガン11歳推奨
カンザス6歳推奨ミシシッピ12歳推奨
ケンタッキー決まり無しミズーリ決まり無し
コネチカット決まり無しミネソタ決まり無し
コロラド12歳推奨メイン決まり無し
サウスカロライナ決まり無しメリーランド8歳
サウスダコタ決まり無しモンタナ決まり無し
ジョージア8歳推奨ユタ決まり無し
テキサス決まり無しルイジアナ決まり無し
テネシー10歳推奨ロードアイランド決まり無し
デラウェア12歳推奨ワシントン10歳推奨
ニュージャージー決まり無しワイオミング決まり無し

法律で決まっていると思っていたので、ほとんどの州が決まり無し、あっても推奨だったことに驚きました。
ずっとママ友の間で常識とされていたのは、何だったのでしょうか…^^;

 

しかし子供をひとり放置して、危険にさらしているとチャイルド・プロテクティブ・サービス(Child Protective Services)が判断した場合、子供は親から引き離され、親戚や里親に預けられる可能性はあります。
親、子供、隣人、証人にインタビュー・調査して、判断が下されるのです。

実際に、

  • 2018年12月、4歳と7歳の息子を仕事のため放置して逮捕
  • 2018年10月、 3人の子供(6か月から4歳)を2時間以上家の中に放置して逮捕

という事件も起きています。

法律で決まっていなくても、逮捕されることはあるのです。

参考:When Can You Leave Your Kids Home Alone? Here Are the Laws in Every State

 

法律で決まっている場合は別として、決まりがない場合、親が判断する基準としてガイドラインにはどんなことが示されているのでしょう?

ひとりで留守番のガイドライン

チャイルド・プロテクティブ・サービスが、ひとりで留守番させることに関して考慮するべき一定のガイドラインがあります。

厳密には州の法律を確認する必要がありますが、一般的なガイドラインは次のようになっています。

7歳以下どんなに短くても放置禁止。
裏庭、車、公園どこでも不可。
8〜10歳1時間半以上の放置をしない。
昼間か、夕方の早い時間のみ。
11〜12歳最大3時間くらいまで。
夜遅くや子供が責任の取れない可能性のある環境ではすべきではない。
13〜15歳ひとりで留守番オーケー。
しかし一晩中任せるのは良くない。
16〜17歳大人の監視無しで、場合により最大2日まで。

このガイドラインを基本にしてか、国のセーフ・キッズ・キャンペーンでは、

12歳未満の子供を家でひとり残さないことを推奨

しています。

12歳未満説、これでしたね。

 

我が家では娘が12歳になって初めて、娘を置いて食材の買い出しに行きました。
このくらいになると買い出しを嫌がるし、ひとりでも大丈夫と本人が言っていました。
やはり3時間くらいでした。

暗くなるまでは、15歳の今でもしません。
一晩中は、あり得ないです。

夜にひとり

参考:When is Leaving a Child at Home Alone Illegal?

ちなみに、いろいろ資料をチェックしましたが、子供が男の子であるか、女の子であるかで区別しているものはありませんでした。性別によってより、その子供の成熟度で判断をするということだと思います。

推奨は12歳として、では自分の子供はどうだろう?と考えた時、親が判断できるサインも提示されていました。

子供が留守番できると判断できる9つのサイン

子供に次の9つの兆候があるか?で判断することが勧められています。

  1. ひとりで家にいることを望み、怖がっていない
  2. 自分の意思を示すことができる
  3. 他人や周囲の人を気遣うことができる
  4. 責任感があり信頼できる
  5. 家の住所、電話番号、親との連絡方法を知っている
  6. おやつを用意できる
  7. 電話の使い方、近所への助けの求め方、911のダイヤル方法を知っている
  8. 簡単なルールと指示に従うことができる
  9. 基本的な応急処置を知っている

以上です。

結構、ハードルが高いですね^^;
我が家の15歳は、9がちょっと怪しいです。

参考:Is Your Child Ready to Stay Home Alone? (And is it legal?)

ところで、我が家は娘ひとりですが、兄弟姉妹がいる場合はどうでしょう?

兄や姉がベビーシッターをする場合

推奨の12歳を超えた子供の中には、弟・妹のベビーシッターが出来るくらいに成熟している子供もいます。

アメリカ赤十字やYMCAでは、11歳から15歳向けのベビーシッタークラスを開催しています。
そこでは、基本的な応急処置、心肺蘇生法、緊急時の対応、小さい子を楽しませ、予定通りに過ごさせる方法を学びます。

ベビーシッターに必要な、

  1. 責任感
  2. 成熟
  3. 良い判断ができる
  4. ルールに従うことができる
  5. 権限を悪用することなく使える
  6. 緊急事態や問題に冷静に対処できる

以上をクリアして初めて任せることが勧められています。
これはシッターの対象が弟・妹以外でも同様です。

 

独りで留守番よりさらに厳しいですね^^;

映画やドラマでは、高校生がベビーシッターのバイトをするというシーンがよくありますが、思った以上に責任重大でした。
自分の弟や妹もそうですが、他所様の子供の命を守るのは、安易に考えてはいけないということでしょう。

こういう子供を守ろうとするアメリカの姿勢は、良いなと思います。

参考:Is Your Preteen Ready to Stay Home Alone or to Watch Younger Siblings?

まとめ

アメリカで留守番は何歳から大丈夫?州ごとの年齢を一覧で紹介、いかがでしたでしょうか。

  • 法律で決められているのはイリノイ、メリーランド、オレゴンの3州だけ
  • ガイドラインで推奨年齢が提示されているのは11州
  • 他の州には決まりがない
  • ガイドラインでは年齢別にこうするべき、というのが示されている
  • 12歳未満の子供をひとりで家に残さないのが推奨されている
  • また親が判断する際の、9つの兆候も提示されている
  • 兄弟姉妹で留守番する場合、11歳から15歳向けのベビーシッタークラスに参加することを勧められている

でした。

小学校低学年でもひとりでお留守番、公園に遊びに行く日本に比べると、かなりアメリカは過保護かもしれないですね^^;

私も小学校の頃は子供に付きっ切りだったので大変でした。

でも今ではそれも懐かしいです。

またやりたくはないですけど(笑)

アメリカの子供に関する記事

日本とは違う、アメリカの小学校の様子は?↓
アメリカの小学校生活で日本との違いに驚いたこと20選!

アメリカの小学校とも、日本の中学校とも違う↓
アメリカの中学校生活を現地ママが徹底解説します!

絶対に面白いお墨付き番組を対象年齢順に↓
幼児向け英語DVDのおすすめ!アメリカの子供番組で生の英語を