シュタイナー教育とは?問題点や教育を受けた有名人

シュタイナー教育って、どういう教育法かご存知ですか。
アメリカにはシュタイナー教育の幼稚園、学校がいくつかあります。

私の友人が2人、お子さんをシュタイナー教育の幼稚園に通わせ、そのまま上の学校へ通わせています。

友人から聞いている、シュタイナー教育の話。
私が感じたメリット・デメリットについて、お話します。

シュタイナー教育とは

シュタイナー教育は、20世紀初頭に、オーストリアの哲学者・思想家であるルドルフ・シュタイナーにより考案されました。

 

シュタイナー教育では、成長過程を7年毎に分類しています。

 

■0〜7歳 第一7年期

体を動かし、作る時期です。

この時期に知的な部分を育てようとすると、成長が不完全になってしまうため、シュタイナー教育では読み書きを教えません。

 

え、それで大丈夫なの?と心配になりますが、その分、7歳を過ぎてからの勉強への意欲は並々ならぬものがあるそうです。

 

友人がよく言っていた言葉は、

「7歳までは夢の中だから」

でした。

シュタイナー教育で使われているものは、どれも自然素材です。
色も淡く優しいものばかり。

 

7歳までは夢の中にいるように、心地よいものに囲まれ、好きなことをして過ごすのが良いのだそうです。

 

本の読み聞かせも、想像力を制限してしまう絵本は使いません。

シュタイナーの先生は話を語り、子供達は耳からの言葉だけを頼りに、イメージを膨らませます。

 

刺激が強すぎるので、テレビも見せないと言っていました。

 

親は家ではどうしているのかと訊いたら、

「布を被せて、子供が寝てから見ている」

と言っていました。

 

シュタイナークラスでよく行われるもので、シュタイナーらしい、有名なものを2つご紹介します。

 

にじみ絵

水を浸した紙に、色を置き、色がどのように広がるかを楽しみます。

 

オイリュトミー

体を使って表現する運動芸術です。
美しいリズムという意味があります。

 

■7〜14歳 第二7年期

感情が成長する時期です。

 

■14〜21歳 第三7年期

自我、思考力、知力が発達する時期です。

 

シュタイナー教育では、エポックと呼ばれる時間があります。

 

国語や算数、理科といった教科の中から一つを選び、その教科を数週間ずっと学び、他の教科はやりません。

集中して勉強した方が、深く理解できるという考えです。

 

また教科書はなく、エポックノートいう自分オリジナルの教科書を作っていきます。

 

学習の動機は成績ではないと考えられているため、テストもありません。

シュタイナー教育問題点やデメリットは?

7年毎に成長の段階があるとされるシュタイナー教育。

 

一度始めたら、小中高と通わせたくなるようで、私の友人2人も、そのまま上の学校へ子供達を通わせています。

 

しかし日本では認可されている学校が北海道(いずみの学校)と相模原市(シュタイナー学園)の2校しかありません。
引越しや転校となると、価値観の違いから馴染めないことが心配されます。

 

また私立なので費用が高い。

 

生徒数の少なさから、幅広い人間関係が築きにくい、などが考えられます。

 

教育を受けた有名人とその後

シュタイナー教育を受けた有名人では、

黒柳徹子さん

がいます。

あの窓ぎわのトットちゃんに出てくるトモエ学園は、シュタイナー教育を最初に取り入れた学校だそうです。

 

余談ですが、ネット上で、シュタイナー教育を受けた有名人に、Googleの共同創始者であるセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジの名がよく出ています。

しかし彼らはインタビューで、

「Googleの成功はモンテッソーリ教育なしには語れない」

と語っていますので、シュタイナー教育ではなく、モンテだと思います。

 

私の友人のお子さん達は、まだ中学生ですが、とても感受性豊かな、良い子達に育っています。

シュタイナー教育で育った子供達は、色鮮やかな記憶として子供時代を覚えているのだろうな、羨ましいなと思います。

まとめ

シュタイナー教育について、いかがでしたでしょうか。

  • シュタイナー教育では、成長過程を7年毎に分類している
  • 0〜7歳は体を動かし、作る時期、心地よいものに囲まれて好きなことをして過ごす
  • 7〜14歳は感情が成長する時期
  • 14〜21歳は自我、思考力、知力が発達する時期
  • 日本では認可されている学校が少ないので、小中高と通うのが難しい

日本ではちょっとカルト的に見られることもあるようですが、今のような時代だからこそ、心豊かなシュタイナー教育が求められるのかもしれないと思いました

私も近所にシュタイナー教育の学校があったら、見学に行ってみたかったです。
もしくは、私自身が子供時代に受けてみたかったな〜^^