キング牧師暗殺の場所ロレインモーテルは今、公民権運動を学ぶ場に

1月の第3月曜日、アメリカはマーティン・ルーサー・キング・デイで祝日です。

キング牧師は、人種差別に対し非暴力運動で抗議し続け、1964年にノーベル平和賞を受賞しました。
そして4年後、39歳の若さで暗殺されました。

この記事では、

キング牧師暗殺の場所が公民権運動博物館に!

キング牧師の公民権運動とは?
非暴力運動とは?

暴力的と言われたマルコムXとの違いについてや、

キング牧師の演説・名言「I have a dream わたしには夢がある」

を紹介しています。

キング牧師暗殺の場所、ロレインモーテル

キング牧師、本名マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(Martin Luther King, Jr.)の最期は、テネシー州メンフィス郊外のモーテルでした。

1968年4月4日、ロレイン・モーテル(Lorraine Motel)306号室のバルコニーにいたところを撃たれ、病院に運ばれましたが死亡しました。

犯人は白人男性のジェームズ・アール・レイ(James Earl Ray)
事件から2ヵ月後にイギリスのロンドン、ヒースロー空港で偽造パスポートで逃亡しようとするところを逮捕されました。

テネシー州に護送され、懲役99年の判決を受けましたが、服役中に病死しています。

キング牧師が撃たれたバルコニーには、花輪が飾られています。

キング牧師が宿泊した部屋は当時のまま再現されています。
駐車されている車は、迎えに来た地元の友人のキャデラックです。

そして犯人がキング牧師を撃った向かいのアパートの浴室もそのまま保存され、見ることができます。

 

当時でもキング牧師はかなり有名だったはずなのに、何故、モーテルに?

実は、まだ人種差別が激しく、黒人であるキング牧師はホテルに泊まることができなかったのです。
そのため、郊外の、黒人オーナーのこのモーテルに泊まるのがキング牧師の決まり事だったのだそうです。

 

現在、この場所は公民権運動博物館(National Civil Right Museum)になり、奴隷の歴史から公民権運動を学ぶ場になっています。

 

キングが暗殺された時は、暴動が起きました。
しかし葬儀が行われると、黒人だけでなく、たくさんのアメリカ人が葬儀に参列しました。

 

1986年には、1月の第3月曜日がマーティン・ルーサー・キング・デイで祝日になりました。

 

2011年10月16日、首都ワシントンD.C.にキング牧師記念碑が完成しました。

これだけを見ても、キング牧師がアメリカ社会に与えた影響は、計り知れないほど大きかったのは、間違いありません。

キング牧師の公民権運動とは?

キング牧師が主に中心となり、

人種差別撤廃
憲法で認められた個人の権利の保障

を求めた運動を、公民権運動と言います。

 

キング牧師は、牧師の息子として1929年に生まれ、18歳で牧師になりました。
ボストン大学神学部で博士号も取得しています。
優秀だったのですね。

でも、幼少の頃から黒人として理不尽な差別を受け、

「アメリカには黒人のいる場所がない」

と感じていたといいます。

リンカーンは1863年に奴隷解放宣言をしましたが、差別は全く無くなっていなかった時代です。
南部では学校やレストランなど、白人と同じところは利用できず、黒人専用が強制されていました。

 

公民権運動が活発となったきっかけは、モントゴメリー・バス・ボイコット運動です。

1955年、アラバマ州で起きた運動です。

 

この頃、バスの利用者は7割が貧しい黒人でした。
しかし座席は前方の良い席が白人専用で、他の席も命じられたら譲るように法律で決められていました。

ある日、ある黒人女性が席を譲らなかったことで逮捕されました。
相談を受けたキング牧師が起こしたのが、このボイコット運動です。

関連記事

ローザ・パークスは、アメリカの公民権運動の活動家です。モントゴメリー・バス・ボイコット運動のきっかけとなった人物で、キング牧師と共に人種差別と闘い、公民権運動の母と呼ばれ、2005年にその生涯を閉じました。[…]

キング牧師は、非暴力運動で勝ち抜きました。

キング牧師の非暴力運動とは?

キング牧師の運動の特徴は、非暴力運動でした。

インド独立の父と言われる、マハトマ・ガンディー
ガンディーは非暴力運動で独立運動を指揮しました。

キング牧師は、ガンディーの非暴力闘争に深い共感を抱いていたのです。


非暴力というと、単純に「暴力を振るわないこと」と考えがちですが、正しくは、「非暴力・非服従」です。

 

この運動は、1人では成り立ちません
1人だったら、暴力を振るわれ、下手をしたら、命を奪われて終わりです。

でも10人、100人となったら、相手も躊躇うし、メディアや、世論の注目を集めるでしょう。
引いては、社会を変えることができるかも知れません。

暴力を振るわれるのは痛いし、怖いです。
命を捨てる覚悟を持って臨むのは、恐ろしいことです。

強い信念がなければ出来ないことです。

非暴力を貫くのは、想像以上に厳しいことです。
何をされても、逃げ出してもいけないのです。

 

モントゴメリー・バス・ボイコット運動でも、市当局は最初はすぐに黒人たちが諦めるだろうと思っていました。
しかし黒人達の結束は固く、全米メディアが黒人達に同情的であると知ると、圧力をかけてきました。

白人からの嫌がらせが激化し、キング牧師は不当逮捕されたり、自宅が爆破されました。
しかし彼らは怯みませんでした。

そして1年後、連邦最高裁判所は、「差別は違法である」という判決を出しました。
キング牧師達の勝利でした。

非暴力運動を進めたキング牧師とよく対象的に言われるのが、マルコム・Xです。
2人の違いは、何でしょうか?

キング牧師とマルコム・Xの違い

マルコム・Xは、キング牧師と並んで有名な黒人指導者です。

過激な発言が多く、攻撃的で、キング牧師を「弱腰」と批判していたこともありました。

 

これは彼の言葉です。

私は自衛のための暴力を、暴力とは呼ばない。知性と呼ぶ。

一見すると、非暴力運動の真逆のような言葉です。

しかし彼は、父親が人種差別主義者に惨殺されたり、ハーレムで犯罪に手を染めたこともある人です。
黒人が不当に無力に扱われることを見尽くし、戦うべきだと思っていたのではないでしょうか。

1人では、非暴力運動はできません。

 

キング牧師は、黒人を白人社会に合わせる融和的な指導者でした。
マルコム・Xは、黒人を白人と分けたいと考えていました。

それでも、2人の考えは最終的にはかなり近くなり、共同で戦う話もあったそうです。
しかしマルコムが先に暗殺されてしまい、実現することはありませんでした。

 

最後に、キング牧師の有名な言葉を動画と共にご紹介します。

キング牧師の演説・名言「I have a dream わたしには夢がある」

有名な演説「I have a dream わたしには夢がある」です。

1963年8月28日にリンカーン記念堂の前で行ったスピーチです。
長いので一部分だけ引用しました。

I have a dream わたしには夢がある

I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.

わたしには夢がある。
いつの日か、ジョージアの赤土の丘で、かつて奴隷であった者たちの子孫と、かつて奴隷主であった者たちの子孫が、兄弟として同じテーブルにつくことを。

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.

わたしには夢がある。
いつの日か、わたしの4人の幼い子供たちが、肌の色ではなく、その人となりで評価される国に住む時が来ることを。

And if America is to be a great nation, this must become true.

アメリカが偉大な国家となるためには、これは実現されなければならない。

 

動画も貼っておきます。
全文を聞けます。
音声の後、和訳されています。

 

まとめ

キング牧師暗殺の場所ロレインモーテルは今、公民権運動を学ぶ場に、いかがでしたでしょうか。

  • キング牧師暗殺の場所、ロレイン・モーテルは公民権運動博物館になっている
  • キング牧師の公民権運動は、人種差別撤廃と憲法で認められた個人の権利の保障を求めた運動
  • 公民権運動のきっかけとなったのは、モントゴメリー・バス・ボイコット運動
  • キング牧師の運動の特徴は非暴力運動だが、強い信念がいる過酷な運動
  • 対象的と言われるマルコムXだが、最後は近い考えを持っていた
  • キング牧師の演説・名言は「I have a dream わたしには夢がある」

でした。

アメリカの小学校ではキング牧師について、かなり丁寧に習います。
私の娘も、スピーチ用の作文を書いたり、ムービーを見たり、いろいろしていました。

強い信念を持った、アメリカのヒーローの1人だと思います。