アメリカでのチップの相場は?早見表とアンケートによる実情も紹介

こんにちは、2000年からシリコンバレー在住のMAKIです。

アメリカでは、チップは基本的に「渡さなくてはならないもの」です。
しかしチップの習慣のない日本人には、いくら渡せばいいのか、悩んでしまいますね。

この記事では、

ホテル、レストラン、タクシーなど、アメリカでのチップの相場を早見表

にしています。
また、実際のところ、

レストランで用があるのに無視されたらいくらチップを置く?
サービスは良かったけど、料理が美味しくなかったら?
失礼な態度だったら?

など、

チップ文化の実情

を、2017年に行われたアンケート調査からご紹介します。

チップ相場早見表

ズバリ、一般的なチップはこちらになります。

場所・サービスチップ
ホテル1〜3ドル
バー1杯に1ドル
スパ10〜20%
美容院10〜20%
レストラン10〜25%
タクシー10〜15%
ツアーガイド15〜20%

それぞれの説明をさせていただきますね。

ホテル

ドアマンには、タクシーを呼んだり、車をバレットパーキングから運んできた時に1〜2ドルを渡します。

ベルマンやポーターには、バッグ毎に1〜2ドル、バッグが重かったらプラスします。

ハウスキーパーには毎晩2〜3ドルを置きます。

コンシェルジェはチップは要りませんが、難しいリクエストをした時は5ドルを渡します。

ルームサービスのウェイターには、15%のチップを忘れずに。

バー

最初のドリンクで、バーテンダーに少なくとも1ドル以上のチップを渡します。

その後は、飲み物毎に1ドルのチップを渡します。

バー

スパ

スパやマッサージでは、10〜20%のチップが普通です。

ただし請求書にサービス料として含まれている場合があります。

支払いの時にダブルで払わないよう、注意してください。

美容院

美容院では、通常、10〜20%のチップで大丈夫です。

レセプションで、最後に請求書にチップを足して支払いをします。

オーナーが担当した時には払わなくても良い、という人もいます。
でも傾向としては、オーナーでも支払います。
(本人に直接訊いた、という方がいました。
答えは、いらないけど、くれるなら貰う、でした^^;)

洗髪のアシスタントには別払い、というのもよく聞きます。
レセプションで訊いたら、チップを分けるから大丈夫、と言われました。
これは美容院に因るかも知れません。

レストラン

レストランでは、いつでもチップを払うべきです。

サービスの満足度によって10〜25%です。
だいたい、次のルールが当てはまります。

  • 10%:サービスに不満だった場合
  • 15%:サービスに問題がなかった場合
  • 20%:サービスがとても良かった場合
  • 25%:サービスにさらに上を求める場合

このルールは、座って食べるレストラン、ビュッフェタイプのレストラン、ルームサービス、デリバリーに適用されます。
ファーストフード店ではチップは必要ありません

レストランによっては、チップが自動的に請求書に追加されていることがあります。
6人以上のグループに適用されます。

いつも請求書はチェックするようにしましょう!

タクシー

どんな状況でも、タクシードライバーには運賃の10〜15%をチップとして渡します。

荷物を運んでもらい、親切だと感じたら、数ドル足します。

最近流行のUberなどの場合

最初はチップが要らないのが売りでもあったのですが、今は渡すのが当たり前、な感じになりました。
アプリに表示される金額の中から選ぶのが無難です。
もちろんサービスが良くてもっとあげたい!と思ったら、キャッシュで渡すのも有りです。

ツアーガイド

サービスの質、親しみやすさ、知識の豊富さに応じて、15〜20%を渡すことが期待されます。

ツアー終了時に、ツアーガイドかドライバーに直接、渡してください。

と、一般的な話をしましたが、実際のところ、どうなの?という実情を次にお話しします。

チップ文化アメリカの実情

ここからは、2017年に行われたアンケート調査から、アメリカのチップ文化の現実について見てみたいと思います。

チップを渡す男女差の違い

レストラン、次のシチュエーションで、何パーセントのチップを渡すか?男女の答えです。

シチュエーション
完璧なサービスを受けた19%21%
予想外にフリードリンク、フリーフードのサービスを受けた20%21%
身体的に魅惑された20%19%
サービスは良かったが、料理が良くなかった16%18%
料理に髪の毛が入っていた、文句を言って、無料で新しいものを貰った17%18%
好きではない食べ物を勧められた15%17%
店が混んでいて、サービスが遅い15%17%
水のお代わりが貰えなかった14%15%
望んだ席に座れなかった14%16%
用があるのに無視された12%14%
忙しくなさそうなのに、サービスが遅い11%13%
料理に髪の毛が入っていた、替えて貰えなかった7%9%
失礼な態度だった5%7%

上から下へと金額が減っていますが、平均的に、男性よりも女性の方が多めにチップを払う傾向があるようです。
女性は我慢強い、寛容なのでしょうか。

それでも、よほどの不満がない限り、15%は置くというルールは、まあ守られている気がします。

チップを渡す年代差の違い

レストラン、次のシチュエーションで、最もチップの支払いが多かった年代です。

フリードリンク、フリーフードのサービスを受けたジェネレーションX(1965〜1980年)
サーバーが魅力的だったミレニアル(1981〜1998年)
忙しくなさそうなのに、サービスが遅いジェネレーションX(1965〜1980年)
料理に髪の毛が入っていた、新しいものを貰ったジェネレーションX(1965〜1980年)

次は最もチップの支払いが少なかった年代です。

失礼な態度だったベビーブーマー(1946〜1964年)
慇懃無礼だったミレニアル(1981〜1998年)
予約したテーブルが無かったベビーブーマー(1946〜1964年)
サービスは良かったが、料理が良くなかったミレニアル(1981〜1998年)

ジェネレーションX(1965〜1980年)は、支払いの良い年代のようです。
またちょっとしたミスにも、寛大です。

一方で、ミレニアル(1981〜1998年)は丁寧すぎるサーバーも好きではなく、間違いも許せないようです。

ベビーブーマー(1946〜1964年)は、失礼な態度を絶対に許しません。
またテーブルが用意されていないというサービスのミスは、致命的です。

 

次にレストランのサーバー(ウェイター&ウェイトレス)をしている方へのアンケートです。

チップがゼロの経験はありますか?

7割の方が「イエス」と答えました。

その理由は何だと思いますか?
いちばん多かったのは、

客が不当

でした。
自分は悪くないということですね。

 

多くのレストランでは、サーバーはチップの一部を

  • バーテンダー
  • ホステス
  • 皿洗い
  • 配達人

などに分配する必要があります。

なので、チップが貰えないと、自分だけの責任ではなくなるため、客が悪いと思いたいのかも知れませんね。
本当に客が理不尽なこともあると思いますが。

サービス業界のチップ実情

最後に、レストラン以外のチップ平均の実情をご紹介します。

ヘアスタイリスト13%
フードデリバリードライバー12%
マッサージ12%
エステティシャン11%
ネイルテクニシャン10%
ハウスキーパー10%
タクシードライバー9%
カジノディラー6%
テイクアウトのキャッシャー4%

平均なので、相場よりも渡さない人がいて、ちょっと切ってしまう、という感じでしょうか。
でもだいたい相場には近いと思います。

まとめ

アメリカでのチップの相場は?早見表とアンケートによる実情も紹介、いかがでしたでしょうか。

  • 早見表は場所別でPOINTでまとめてみました
  • アンケートは男女差別でレストランでのシチュエーション、女性は多めに払う傾向にある傾向でした
  • 年代差では、ジェネレーションXが寛大で支払いが良く、ベビーブーマーは厳しい傾向でした
  • レストランのサーバーの7割はチップゼロの経験がありました
  • その理由は、客の不当という答えでした
  • サービス業界のチップ事情は、概ね相場に近いものでした

という結果でした。

今回のアンケート結果は、私もとても興味深かったです。

男性の方がチップ払いは良いかと思ったのですが、逆でしたね。
見栄を張る人が多いかなあ、と思っていました。

私はよっぽど酷い扱いでなければ、まあ15%は置きますかね。
20%を超えることは滅多にないです。

この記事を読んでいる方は、アメリカに旅行される方が多いのかも知れません。
参考になりましたら、嬉しいです。

アメリカでチップの要らないお店の記事

顧客満足度の高い、まだ日本進出していないお店です!↓
アメリカのファストフード美味しい人気店5選