アメリカの保険料の平均は?州・年齢・プラン・ランクで変わる!

こんにちは、2000年からシリコンバレー在住のMAKIです。

アメリカは医療費が高いので、健康保険に加入していないと大病・大怪我した時に大変です。

しかもアメリカには日本のような国民皆保険制度が無く自分で民間の保険に加入しなくてはなりません。

国際保健医療支援団体、プロジェクト・ホープが発行するヘルス・アフェアーズ・ジャーナルによると、アメリカの医療費の総費用は2017年に3.4兆ドルでした。

しかも、2025年まで毎年5.6%の増加が見込まれ、国内総生産の19.9%(!)を占めると予測されています。

アメリカの保険料は、日本と比較して、どれだけ高いのでしょうか?

この記事では、

  • 州、年齢、ネットワーク、プラン・ランク別の健康保険料の平均
  • 健康保険料に影響する要因
  • 日本の場合は?

をご紹介します。

目次

州で変わる健康保険料

健康保険料は、住んでいる州によって変わります。

健康で若い大人は保険料が最も安くなりますが、同じ21歳の成人でも、州によって保険料が大きく異なります。

例えば、2016年、ユタ州の21歳の女性は健康保険料を毎月180ドル支払いました。
アラスカ州では、同じ条件の人が毎月426ドルの支払いでした。

かなり違いますね。

次の表は、healthmarkets提供による州別の健康保険料の平均です。

州(アルファベット順) 2018年 2019年
アメリカの平均 $481 $477
アラバマ $558 $546
アラスカ $726 $702
アリゾナ $516 $471
アーカンサス $364 $378
カリフォルニア $430 $435
コロラド $470 $488
コネティカット $545 $475
デラウェア $589 $684
コロンビア特別区 $324 $393
フロリダ $466 $477
ジョージア $483 $487
ハワイ $438 $493
アイダホ $478 $498
イリノイ $486 $478
インディアナ $339 $339
アイオワ $713 $762
カンザス $518 $552
ケンタッキー $422 $460
ルイジアナ $474 $454
メイン $588 $544
メリーランド $487 $419
マサチューセッツ $316 $332
ミシガン $381 $383
ミネソタ $385 $326
ミシシッピ $519 $521
ミズーリ $529 $499
モンタナ $525 $561
ネブラスカ $767 $838
ネバダ $432 $410
ニューハンプシャー $475 $402
ニュージャージー $413 $352
ニューメキシコ $414 $365
ニューヨーク $506 $569
ノースカロライナ $627 $618
ノースダコタ $377 $457
オハイオ $371 $380
オクラホマ $659 $696
オレゴン $414 $443
ペンシルベニア $575 $484
ロードアイランド $311 $336
サウスカロライナ $520 $552
サウスダコタ $521 $557
テネシー $743 $548
テキサス $434 $444
ユタ $550 $542
バーモント $505 $622
バージニア $535 $555
ワシントン $336 $381
ウエストバージニア $545 $596
ウィスコンシン $569 $537
ワイオミング $865 $865

※保険料は州のエリアによっても変わります

一番高い州はワイオミング州の865ドル、800ドル超えはこの州だけです。
安い州はミネソタ州の326ドル、300ドル台前半はインディアナ州、ミネソタ州、ロードアイランド州と3つありました。

倍以上の違いがあるのは、ちょっと驚きです。

ここまで差が出てしまうのは、保険会社間の競争、州とエリアの独自ルール、生活費の違いが原因です。

日本でも、住んでいる自治体によって国民健康保険料が変わります。

例えば、年収400万の単身者の場合。一番高いのは、広島県の広島市。
年収の15.9%に当たり、毎月約53,000円です。

安いのは、静岡県の富士市。
年収の7.3%に当たり、毎月約24,000円です。東京都23区は年収の8.9%、毎月約29,500円です。
広島市に比べると、かなり安いですね。

ちなみに自治体によって保険料が異なるのは、国民健康保険は市区町村が運営していて、市区町村ごとに保険料の計算方法が違うからです。
また病院を頻繁に利用する高齢者の割合が高い、税収が少なく予算が足りない等も、保険料率が高くなる原因です。

高い医療費について詳しく↓

あわせて読みたい
アメリカの医療費が高い理由は?実例も含めたホントのトコロをご紹介 アメリカの医療費が高いのは、日本でもよく聞かれることだと思います。 治療費が払えないから医者にかかれない! 難病にかかり、医療費が払えずに自己破産! 国民皆保険...

年齢で変わる健康保険料

日本では収入によって保険料が変わりますが、アメリカでは年齢によって変わります。
見積もりが作られる際、いちばん影響があるのが年齢です。

次の表は、ValuePenguin提供による年齢別の健康保険料の平均です。

年齢 保険料
21 $374
25 $376
30 $425
35 $457
40 $478
45 $540
50 $668
55 $835
60 $1,016
64 $1,123

着々と上昇する保険料、最初は緩やかですが、50歳を過ぎると急激に増えていきます。
順調に収入が増えていないと、払いきれない金額です。

40歳で478ドルになっていますが、これは2015年より73%も高くなっています。

※年齢が64歳までしかないのは、65歳になれば公的医療保険に入ることが出来るためです。
※高齢者・身体障害者用と、低所得者用の公的医療保険があります。

年齢

日本でも、年齢によって国民健康保険料が変わります。
年齢の区分は、
・〜39歳
・40歳~64歳
・65歳~74歳
・75歳〜
です。また収入による変化もあり、例えば45歳だと、

年収100万円 毎月約6,300円
年収300万円 毎月約14,000円
年収400万円 毎月約28,000円
年収600万円 毎月約43,000円
年収800万円 毎月約60,000円
年収1000万円 毎月約77,000円
年収1500万円 毎月約80,000円

という感じで増えていきます。

ネットワークで変わる健康保険料

ネットワークのタイプで保険料が変わります。

ネットワーク:
保険会社と契約している病院、医師、ラボなどの医療機関のこと。
アメリカの民間の保険会社では、ネットワーク外の病院で治療を受けると、保険が適応されなかったり、契約者の支払いが多くなります。

次の表は、ValuePenguin提供によるネットワークタイプ別の健康保険料(21歳の場合)の平均です。

ネットワークのタイプ 保険料
HMO $230
PPO $251
年齢での変化を見ると、21歳ではHMOとPPOは大差ありませんが、歳を取ってくると違いが大きくなると思われます。
アメリカの公的医療保険制度やネットワークについて↓
あわせて読みたい
アメリカの健康保険制度を易しく解説!【一緒に保険を選んでみよう】 アメリカには日本のような国民皆保険制度がありません。 公的医療保険制度はあるにはあるのですが、加入できるのは高齢者や身体障害者、そして低所得者だけです。 ほと...

プラン・ランクで変わる健康保険料

健康保険のプランは、保険がカバーする医療費の割合でランク付けが行われています。

  1. カタストロフィック(Catastrophic)
  2. ブロンズ(Bronze)
  3. シルバー(Silver)
  4. ゴールド(Gold)
  5. プラチナ(Platinum)

カタストロフィック(意味は「破滅的な」すごい名前です^^;)とブロンズは、カバーは最低限、免責額・自己負担額・自己負担の割合は最大限、ただし保険料は安いです。
反対のプラチナは、全てのコストの90%をカバー、最大限のサービスを提供、しかし保険料は高いです。

良いサービスで柔軟性があるプランは、高い保険料という代償が伴いますす。

次の表は、ValuePenguin提供によるプラン・ランク別の健康保険料(21歳の場合)の平均です。

プラン・ランク 毎月の保険料 年間の保険料
カタストロフィック $167 $1,999
ブロンズ $201 $2,411
シルバー $247 $2,961
ゴールド $291 $3,487
プラチナ $363 $4,360
年間では倍以上の差がありますね。
お金に余裕があれば、カバー率を優先したいですが、なかなか保険料にそこまで余裕のある人は少ないと思います。
保険プラン
最後、まとめます。

健康保険料に影響するものは?

健康保険の費用に影響するものは、

  1. 住んでいる場所:契約者が住んでいる州と郡を基に、保険料が決められます。
    例えば、フロリダのマイアミデイド郡の居住者は、ジャクソン郡の居住者よりも同じプランの保険が安くなります。
  2. 年齢:歳が増えるにつれて保険料は高くなります。
    14歳までは、保護者の保険に追加するのは定額料金ですが、一般に15歳からは毎年増加します。
  3. どんな保険にするか:ネットワーク、プラン・ランクによって保険料は変わります。
    良いサービスほど高く、悪いサービスほど安くなります。
  4. 喫煙:タバコを吸う人は、最大50%の増加になります。
    ただし増加量は州によって制限があります。
    カリフォルニア州とニューヨーク州は、喫煙で保険料を変えることを許可していません。
  5. 加入する人数:人数が増えるにつれて保険料は高くなります。
    当たり前ですが、個人よりも家族の方がはるかに高くなります。

日本も保険料に住んでいる場所、年齢、収入などが影響しますが、アメリカよりはるかに安いのが、羨ましいですね。

まとめ

アメリカの保険料の平均は?州・年齢・プラン・ランクで変わる!、いかがでしたでしょうか。

  • 健康保険料は、州で変わる
    ワイオミング州は高い、ミネソタ州は安い、倍以上違う
  • 年齢で変わる
    50歳を過ぎると急激に増える
  • ネットワークで変わる
    PPOが高め
  • プラン・ランクで変わる
    良いサービスは保険料が高い
  • その他、保険料に影響するものには、喫煙と加入人数がある

でした。

日本の保険料とも比較して書かせていただきましたが、本当に日本は安いですね!

アメリカは健康な時は良いですが、歳を取ってガタが来たら、怖いなと思います。

技術は高いと思うので、払える財力があるなら、アメリカも良いのですけどね〜。

庶民には無理です…。

アメリカの医療費が高くて驚愕っの記事

MRIを受ける前に必要な、日本ではあり得ないこととは?!
アメリカのMRI費用は高額!しかも保険会社の◯◯が必要だった

歯医者でいくらかかったと思いますか?卒倒モノですよ(><)↓
アメリカの虫歯治療費は凄く高い!ポイントは歯医者に行かない事!?

絶対に乗るまい、と思っていた救急車なのに、夜中12時過ぎに突然襲った激痛↓
アメリカの救急車は有料!請求された料金は驚きの高さだった!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
先頭へ
目次
閉じる