アメリカのMRI費用は高額!しかも保険会社のアレが必要だった

こんにちは、2000年からシリコンバレー在住のMAKIです。

アメリカの医療費は高く、保険に入っていても目が飛び出るような請求書が届く、という話を聞いたことのある方は多いかと思います。

MAKI

そんなアメリカで、MRI検査を受けることになりました。

少し前に受けたCT検査でも、思わず会計で「うっ…」となるお金を請求されたので、その上のMRIとなれば、いったいいくらになるのか?

MAKI

怖い、怖すぎます…。

この記事では、

  • MRIを受けるには、ドクターよりも保険会社が重要?!
  • MRI費用の日米比較
  • アメリカでのMRI体験

をご紹介します。

目次

MRIを受ける前に必要な、日本ではあり得ないこと

私がMRI検査を必要となった原因は、突然の左手の感覚異常です。

最初は感覚が鈍いような感じもあって、脳卒中?脳梗塞?脳の血管に詰まり??と焦って病院へ行きました。

診察では、特に大きな問題はなし。

でも何かあることは間違いないので、CT検査で脳の血管をチェックしました。
結果、こちらも問題なし。

そこで、CTでは分からないものが分かるという、MRI検査となりました。

ここでドクターに言われて驚いた、日本ではあり得ない一言。

ドクター

保険会社から承認が下りないと、受けられないから、審査を待ってね。

MAKI

?!

MRI検査は余りにも費用が高いので、保険会社が本当に必要なものなか審査が必要。

もし保険会社が却下した場合、患者はMRI検査を受けることが出来ないのです。

(私の心の声)

MAKI

ちょっーと、待てーっ!!!
ドクターが必要だと言っているのに、保険会社が判断するのかい!
検査くらい、快く受けさせてくれよーっ。

しかし幸い、3週間後、無事、MRI検査の許可が保険会社から下りました。

良かった、良かった。

でも、その自己負担額が…。

アメリカのMRI費用の自己負担額は?

許可が下りたので、MRIを予約するために、指定された病院へ電話をしました。

すると、その場でクレジットカードで支払いをさせられました。
(逃げられないようにするため?(笑))

その費用、保険が効いて、

2,045ドル=22万4,950円
(1ドル=110円計算)

MAKI

高っ!

思わず予約を辞めようかと思いましたが、保険会社の審査が通ったのを思い出して、そうもいかず。

あ、私の場合、頭と首の2箇所だったので、2倍となり余計に高かったのかも知れません。
1箇所なら半分だったのかも?

ちなみに、日本での費用はこんな感じだそうです。

検査内容診療総額保険適応1割負担保険適応3割負担
単純MRI検査約26,000円約2,600円約7,800円
造影MRI検査35,000~42,000円3,500~4,200円10,500~12,600円
MAKI

安っ!

自腹でも全然、安っ!!

こうなると、アメリカでは保険が効かないといくらになる?が気になるところですね。

私も保険会社からの明細が届くのを楽しみにしていたのですが、何故か4ヶ月経つ今も、届いていないのです。
うーん、遅いのはいつものことなのですが。

そこで、How much does a MRI scan cost in California?というサイトから、アメリカのMRI費用を探ってみました。

このサイトによると、MRIの費用は、$307 〜 $7,695です。
クリニックで検査するか(安い)、病院でするか(高い)、で費用が変わりますが、随分と差がありますね。

またアメリカでは、MRIを検査する箇所によって費用が変わります。
次の表は、検査箇所別の費用です。

検査箇所診療総額
腕の関節$194 – $7,720
足の関節$237 – $7,720
$247 – $7,500
脊椎管の下部$267 – $7,695
骨盤$670 – $9,133
脊椎管の下部
(造影剤投与前後)
$519 – $11,868
両乳房
(造影剤投与)
$1,033 – $11,180

さらに、保険を使わず、自己負担で現金支払いにしたところ、80%のディスカウントができた、という話も載っていました。
値引き交渉はためらわずにするべき、だそうです…。

MAKI

もしかして、私もその方が安く済んだのかも?
と、そう言えば、以前、私もERでディスカウントしてもらったことがありました。

失敗したかなー…次に機会があったら、交渉してみたいです。
(無いことを願います!)

最後に、こんな高いMRI検査が、どんなだったかをお話しします。

アメリカでのMRI検査体験談

予約が取れたのは午後8時でした。

朝じゃなくて?こんな時間にやってるの?

ですよね、もちろん最後の患者で、受付は開いてましてたが、待合室には誰もいませんでした。

中に呼ばれ、ロッカールームで着替えをしました。

こういう検査で案内をしてくれる看護士さんは、とてもフレンドリーな良い人か、とても愛想の悪い人(大抵が白人女性)のどちらかなのですが、この時は、とても良い人(男性)でした。

高いお金を払った検査で、嫌な思いはしたくないですから、ホッとしました。

閉鎖空間での検査

検査室に入り、検査台に横たわると、耳栓を渡されて、騒音がすることを話されました。

検査をして下さる方もとてもフレンドリーで、

「寒くない?」

と毛布を掛けてくれた後に、頭を固定されました。

手にはスイッチのようなものを渡され、

「これから1時間くらい検査に掛かるから、何かあったら押してね。」

と言われました。

MAKI

1箇所だけなら30分で済んだのに、2倍だからな、長いなあ…。

MRI

検査が始まると、噂で聞いていた、凄まじい音が耳元で響きました。

ドン、ドン、ドン、ドン、ガン、ガン、ガン、ガン。
ドドドドド、ビビビビビビ。

大きい、でも結構、リズミカルな音

1時間も聞いていると、爆音なのに段々とウトウトとしてきて、でも寝てしまって動いてしまうとマズイしと、これが結構つらかったです。

時々、「Are you OK?」と起こされました。

閉所のパニックというのは、分かる気はしましたが、そこまで回りが接近していなかったので、私は大丈夫でした。

それより何より、動けないのがつらかったです。

約1時間後に、予定通りに検査終了。

ロッカールームで着替えて待合室へ行くと、もう受付も病院の入り口も閉まっていて、救急用の出入り口から外へ出ました。

こんな遅くまで、技師の方もお疲れ様です!

まとめ

アメリカのMRI費用は高額!しかも保険会社のアレが必要だった、いかがでしたでしょうか。

  • アメリカではMRI検査を受ける前に、保険会社の承認が必要、理由は費用が高いから
  • ただし場所や箇所によって料金も変わリ、ディスカウントしてくれたりもする
  • 一般的にMRIの費用は、$307 〜 $7,695と幅が広いので交渉するべし

でした。

私のMRI検査の結果ですが、異常なし!でした。

血管が切れてなくて良かった〜、のですが、アレ?だったら、この左手の感覚異常は?

で、現在、振り出しに戻って、打つ手なしで困っているところです。

問題が無かったのは良かったですが、検査代ばかり掛かって困ったものです。

アメリカの医療費が高くて驚愕っの記事

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
先頭へ
目次
閉じる