ジャスティスリーグとアベンジャーズ比較どっちが強い?2

アメコミのスーパーヒーロー集団。

DCコミックのジャスティスリーグ
マーベルコミックのアベンジャーズ

ファンにとっての関心は、ジャスティスリーグとアベンジャーズが戦ったら、どっちが勝つか?ということ。
これは永遠のテーマのようで、アメリカのファンの間では、いつも討論されています。

前回は、ジャスティスリーグがアベンジャーズに勝つ理由を記事にしました。

今回は、アメリカファンによる、

アベンジャーズがジャスティスリーグに勝つ理由

をお送りします。

アベンジャーズファンは、どう考えているのでしょうか??

アベンジャーズのメンバーは?

アベンジャーズの参加条件は、ヒーローであること。
そのため、マイナーなキャラクターもたくさん参加しています。

アベンジャーズの創立メンバー(1963年「The Avengers #1」参加者)は5人です。

1)アイアンマン
2)ソー

はご存知ですね。

3)アントマン

物質のサイズを縮小させるピム粒子で、体の大きさを変化させるヒーローです。
サイズを変えてジャイアントマン、ゴリアテ、イエロージャケット、ウルトロンという名にも。

4)ワスプ

こちらもピム粒子でサイズを変更、さらにスズメバチの針を装備した女性ヒーローです。
アントマンとは恋仲になります。

5)ハルク

ご存知、緑の巨人ハルクですが、次号であっさり辞めてます。

 

1960年代の主な参加者は、

キャプテン・アメリカ

(1964年「Avengers #4」)
ハルクの代わりに創立メンバーの地位を得て、ソーとアイアンマンと共に中核を成します。

ホークアイ

(1965年「Avengers #16」)
サーカス団出身の弓術の達人、世界最高の射手です。

クイックシルバー

(1965年「Avengers #16」)
超人的スピードのミュータントです。
スカーレット・ウィッチは双子の姉です。

スカーレット・ウィッチ

(1965年「Avengers #16」)
念動力や精神操作など多様な能力を持つミュータントです。
マグニートーが父親です。

ブラックパンサー

(1968年「Avengers #52」)
アフリカのワカンダ王国の君主、天才的な知性と優れた格闘術を持つヒーローです。
初めての黒人スーパーヒーローと言われています。

ヴィジョン

(1968年「Avengers #58」)
ウルトロンに作られた、アンドロイドのヒーローです。
超人的なあらゆる能力の持ち主です。

 

1970年代の主な参加者は、

ブラック・ウィドウ

(1973年「Avengers #111」)
ロシアのスパイでしたが、アメリカに亡命しました。
武道や武器の専門知識に長けた女性ヒーローです。

ファルコン

(1979年「Avengers #184」)
ハヤブサをモチーフにした、アフリカ系アメリカ人のヒーローです。
キャプテン・アメリカの友人です。

 

1990年代の主な参加者は、

スパイダーマン

(1991年「Avengers #329」)
ご存知、スパイダーマン!

 

2010年代の主な参加者は、

ドクター・ストレンジ

(2010年「New Avengers vol. 2 #7」)
天才的な脳外科医でしたが、自動車事故で大怪我を負い、手術ができなくなったことで、チベットで魔術を習いました。
魔法で超常現象を引き起こすヒーローです。

 

コミックと映画では、メンバーが色々と違います。

2012年の映画では、

アイアンマン
キャプテン・アメリカ
ソー
ハルク
ブラック・ウィドウ
ホークアイ

2015年の映画「エイジ・オブ・ウルトロン」では、

上の6人に加え、

ウォーマシン
クイックシルバー
スカーレット・ウィッチ
ヴィジョン
ファルコン

5人が追加です。

2018年の映画「インフィニティ・ウォー」では、

ホークアイとクイックシルバーが抜けて、

ドクター・ストレンジ
スパイダーマン

2人が追加です。

他にもガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーというスーパーヒーローチームも助けに入ってます。
ヒーローたくさんいますね…。

マーベルコミックスはDCコミックより難しいです^^;

では、お待ちかねのジャスティスリーグに勝つ理由にいきましょう!

アベンジャーズがジャスティスリーグを倒せる理由

メンバー同士の相性が良い

Marvel Entertainmentさん(@marvel)がシェアした投稿

ジャスティスリーグは、間違いなく非常に強力なスーパーヒーローで構成されています。
アベンジャーズよりも強力かもしれません。

しかしどんなチームでもそうですが、良い選手がいるから良いチームというわけではありません

チーム内での調整がとても重要な要素です。

もう長い間、ジャスティスリーグの重要メンバーであるバットマンとグリーンランタンは問題を抱えています。
2人はお互いを尊重してはいますが、大好きではないようです。
また、ダークナイトとスーパーマンの間にも、信頼関係に問題があることが分かっています!

一方、アベンジャーズはジャスティスリーグよりも、良い化学反応を示しています。
チームワークが良く、信頼関係もあり、結束力が高いのは、相性が良いのでしょう。

最初は「仲間のチーム」でしたが、今は「スーパーヒーローのチーム」になっています。

アイアンマンがサイボーグを倒す

サイボーグは、あらゆる技術をハッキングすることが出来ます。
X線視力、飛行能力を持ち、力も強力です。

また自己修復機能もあり、新しい能力を得るために、自分の体を技術に同化させることも出来ます。

一方、アイアンマンは、敵を倒すために発明する天才的な知能があります。
資産は124億ドル、発明のために充分な資金力です。

彼のスーツは、最大で100トンを持ち上げることができます。
また深海と宇宙で呼吸をし、機能することを可能にします。

ジェットブーツはマッハ3の速度で飛ぶことができ、マッハ5で発射されたミサイルに追いつけます。

サイボーグは、アイアンマンのスーツをハッキングすることができるかもしれません。
しかしアイアンマンは、ハッカーから守るよう装備されたシステムを持っています。

またアイアンマンはサイボーグよりも強く、速く、強力です。
決戦では、確実にアイアンマンが勝つでしょう。

リングよりもハンマーが勝つ

Marvel Entertainmentさん(@marvel)がシェアした投稿

両グループでは、たくさんの武器が使われています。

その中で最も強力なのは、ソーのハンマーと、グリーンランタンのパワーリングでしょう。

グリーンランタンの全てのパワーは、パワーリングから来ています。
パワーリングの動力は意志で、着用者が想像するものを作ります。

ミサイルから盾、巨大な拳、あらゆるものを作り出します。
また空を飛ぶ、宇宙旅行なども可能にします。

リングは(着用者の意志が十分強い場合)、宇宙船の全艦隊を破壊するのに十分なパワーを持っています。

ソーのハンマー、ムジョルニアも、信じられないほどの強さを持っています。
ゴールデンゲートブリッジを簡単に半分に割ける強さです。
高速で飛ぶ、宇宙で生き残ることも出来ます。

ハンマーは、暴風雨や気象自体をコントロールするパワーを持っています。
さらにエネルギーを吸収することもできます。

またハンマーは、破壊不可能な超金属で出来ています。
パワーリングは壊れたり、破壊されたりすることがあり、後者では爆発を引き起こします。

ムジョルニアの方が強力と言えるでしょう。

スパイダーマンがバットマンを倒す

Marvel Entertainmentさん(@marvel)がシェアした投稿

バットマンは天才です、世界最高の探偵で、127種の武道の達人です。
必要な情報を提供する執事と、バーバラ・ゴードンというオラクルもいます。

スパイダーマンの最も強力な武器は、スパイダーセンスです。
危険を感知し、攻撃を回避する利点があります。

どんな壁でも張り付き、登ることが出来ます。
クモの糸を射出するウェブシューターで、ビルからビルへ移動し、数秒で敵を捕まえることも出来ます。

そして信じられないほど賢いです。

バットマンとスパイダーマンが戦闘能力対決をしたとしたら、スパイダーマンの方が速いでしょう。
スパイダーセンスにより、バットマンの攻撃に対抗することが出来ます。

どちらもとても頭がいいので、出し抜くのは難しいでしょう。

そういう訳でスパイダーマンが僅差で優位を占め、バットマンを蜘蛛の巣にぶら下げることになるのです。

もっと知性がある

Marvel Entertainmentさん(@marvel)がシェアした投稿

ジャスティスリーグには、最高に頭が切れる人物、バットマンがいます、それは間違いありません。
彼に十分な時間を与えれば、アベンジャーズを倒す計画を思いつくでしょう!

ジャスティスリーグには、非常に多様な力と才能を持つマーシャン・マンハンターもいます。
天才的なレベルの知性の持ち主です。

アベンジャーズには、トニー・スタークブルース・バナーがいます。

スタークは、アイアンマンに関する技術を独りで開発しました。

バナーは、漫画では「知能テストで測定することが出来ないほど鮮明な心」を持っていると記述されています。
彼は、多種多様な攻撃から身を守るための技術を開発しています。

ジャスティスリーグの知性に疑いはありませんが、マーベルチームの知性も過小評価してはいけません

明らかに人気が高い!

Marvel Entertainmentさん(@marvel)がシェアした投稿

悪役がどんなに強くても、最後に勝利するのは主人公です。

ジャスティスリーグは悪役ではありませんが、アベンジャーズよりも人気がありません。

かつて、マーベルが人気の面でDCチームに遅れを取っていた時代がありました。

しかし現在、映画業界での成功により、アベンジャーズはジャスティスリーグよりも先に進みました。

アベンジャーズがずっと今の地位を確保できるとは考えていません。
ジャスティスリーグ映画の巻き返しで、有利に変わる可能性もあります。

でも今はアベンジャーズの時代です!

スーパーヒーローチームが激突し、ファンが勝利を望む投票をした場合、人気のあるアベンジャーズが有利でしょう。

まとめ

アメリカファンによるジャスティスリーグがアベンジャーズに勝つ理由、いかがでしたでしょうか。

  • メンバー同士の相性が良い
  • アイアンマンがサイボーグを倒す
  • リングよりもハンマーが勝つ
  • スパイダーマンがバットマンを倒す
  • もっと知性がある
  • 明らかに人気が高い!

ということでした。

うん、ちょっとジャスティスリーグに比べると、理由が弱い感じでしょうか…。

一生懸命探したのですが、アベンジャーズの方が強い!としっかり書けている記事が余り見つけられませんでした。

映画を比較して、映画的に優れているというのは多く、それは「うん、うん」と納得できたのですが。

最後の「人気が高い!」に至っては、ヒーロー的にどうなの、それ?って感じですよね。

あとDCはコミックの画像が多くあったのですが、マーベルは公式ですら映画ばかり。
映画のキャラクターになっているなあと思いました。

やはり「強いのは?」という比較では、ジャスティスリーグに軍配が上がる、のかもしれないと個人的に思いました。

でも人気や、売り上げは別かもしれません…作っている方はどっちが嬉しいのでしょう〜?