NBAに日本人は過去2人、今近いのは八村塁と渡邉雄太

メジャーリーグではたくさんの日本人選手が活躍していますが、NBAでは余り聞いたことがありませんよね。
やはり体格の問題から、難しいのかなあ、と思ったのですが…。

NBAの海外プレイヤーリストを調べたところ、日本国籍のプレイヤーが2人いました!

1人はアメリカ生まれでしたが、もう1人は田臥勇太さん。
日本人がいる!と嬉しくなったので、ご紹介します。

日本人がNBA選手になるのは、難しい?凄いこと?

田臥さんの挑戦を読んでいただけると、分かると思います。

また、現在、NBA選手に最も近いとされている2人、

渡邉雄太さん(※NBAデビューしました!)と八村塁さん

と、NBAからドラフト指名された唯一の日本人である

幻のNBAプレイヤー

についてもお話します。

NBAの日本人選手は過去に2人!

NBAの海外プレイヤーリストを見ると、今までに78の国の人が、選手としてプレーしています。

ヨーロッパからは、セルビアが28人でトップ。
ブラジルは、17人で南米最大の貢献国です。
アフリカ大陸では、ナイジェリアが同じく17人で最も多いです。
中国は6人、アジアで1番多くの選手がいます。

ベスト10だけ、ご紹介します。

1位:カナダ(39人)
2位:セルビア(28人)
3位:フランス(27人)
4位:クロアチア(22人)
5位:オーストラリア(20人)
6位:ブラジル(17人)
6位:ナイジェリア(17人)
6位:スペイン(17人)
9位:ドイツ(14人)
10位:プエルトリコ(13人)

日本は…と見ると、「2人」とありました。
1人はアメリカ生まれだそうです。

 

早速、詳しく見てみます。

NBA日本人選手:桜木ジェイアール

ポジション:フォワード

身長:203cm

誕生日:1976年10月30日(41歳)

NBAドラフト:1988年2順目56位

NBAキャリア:1998–1999(1年)

チーム:バンクーバー・グリズリーズ

どんな選手?:画像検索(別ウィンドウが開きます)

桜木(さくらぎ)選手は、元の名前はミルトン・ヘンダーソン・ジュニアといいます。
2007年に日本国籍を取得しました。

なので、日本人選手として登録はされていますが、生まれはアメリカだし、ちょっと期待していたのと違いますね。

 

ちなみに名前を「桜木」に変更した理由は、

  1. 日本の名前の方が帰化のスピードが早まると考えた
  2. 日本の桜の木は希望を与えるから

だそうです。

バスケ漫画の『スラムダンク』の主人公の名が、桜木花道だったのは、知らなかったとか。
偶然だったのですね。

NBA日本人選手:田臥勇太

ポジション:ポイントガード

身長:175cm

誕生日:1980年10月5日(37歳)

NBAドラフト:

NBAキャリア:2004(1年)

チーム:フェニックス・サンズ

田臥勇太(たぶせゆうた)選手のアメリカへの挑戦は2003年から始まります。

2003年9月
NBAのデンバー・ナゲッツと契約するも、メンバーに残れず解雇されました。

11月
ABA(アメリカ独立プロリーグ)のロングビーチ・ジャム・アルビレックスと契約しました。

2004年
チームは優勝しています。(※デニス・ロッドマンも一緒でした。)

9月
遂にNBAフェニックス・サンズと契約しました!
日本人初の快挙です。

NBAのコートに立ったのは、2004年11月3日、シーズン開幕戦、フェニックス・サンズvsアトランタ・ホークスでした。

計4試合に出場し、プレー時間は17分、7得点4リバウンド3アシストという成績でした。
12月に解雇されました。

2005年9月
NBAロサンゼルス・クリッパーズと契約しましたが、シーズン開幕前の10月に解雇されました。

11月
NBAデベロップメント・リーグのアルバカーキ・サンダーバーズに加入するも、怪我で離脱しました。

2006年7月
NBAダラス・マーベリックスのサマーリーグに参加しました。

11月
NBAデベロップメント・リーグのベーカーズフィールド・ジャムに加入しました。

2007年11月
同リーグ、アナハイム・アーセナルに移籍しました。

2008年7月
NBAニュージャージー・ネッツのサマーリーグに参加しました。

8月
帰国しました。

 

NBAへの挑戦、アメリカ人なら大学からドラフト狙いなのでしょうが、

  • 独立プロリーグでプレー
  • NBAのサマーリーグに参加

して契約を狙う、そして契約しても、

  • プレシーズン試合に出場
  • ロースターに残れるとは限らない

うーん、とても厳しい世界なのだなあと思いました。

 

日本人がNBA選手になるのは、難しい?凄いこと?
もちろん、難しく、凄いこと!アメリカ人でも、成ろうと思って成れるものでは無い。


続いて、次のNBA選手に近い!とされている2選手についてです。

次の日本人NBAプレイヤー?:渡邉雄太

ポジション:シューティングガード

身長:206cm

誕生日:1994年10月13日(23歳)

大学:ジョージ・ワシントン大学(4年)

どんな選手?:画像検索(別ウィンドウが開きます)

 

田臥選手に留学を勧められたそうで、やはり大学からNBAを狙うのが良いのでしょうね。

大学バスケでNBAにアピール中です。
4年生なので正念場、チームの成績が厳しいらしいですが、渡邉選手に道があることを祈ります。

2018年10月28日、メンフィス・グリズリーズの2ウェイ契約選手である渡邊雄太が遂にNBAデビュー!!

夢を叶えました。
おめでとうございます!

次の日本人NBAプレイヤー?:八村塁

ポジション:スモールフォワード・パワーフォワード

身長:205cm

誕生日:1998年2月8日(20歳)

大学:ゴンザガ大学(1年)

どんな選手?:画像検索(別ウィンドウが開きます)

ベナン人の父と、日本人の母とのハーフです。
彼も留学してNBAを目指しています。

※ベナンは西アフリカの国です。

まだ1年生ですが、かなり有望で、日本人NBAプレイヤーに一番近いといわれています。
応援したいですね!

 

最後に、この2人が狙っているNBAからのドラフト指名を、日本人で唯一されたことのある人をご紹介します。

NBAからドラフト指名された唯一の日本人:岡山恭崇

ポジション:センター

身長:230cm

誕生日:1954年11月29日(63歳)

どんな選手?:画像検索(別ウィンドウが開きます)

 

1981年、NBAドラフト8巡目10位で、ゴールデンステート・ウォリアーズから指名を受けました。
しかし契約はしませんでした

1990年に選手を引退しています。

んー、ちょっと勿体無い気もしますね!

まとめ

NBAの日本人選手、次と幻の日本人NBAプレイヤー、いかがでしたでしょうか。

  • NBAでは78の国の人がプレーしていて、カナダ、セルビア、フランスの順で多い
  • 日本国籍は2人、1人は帰化した桜木ジェイアール
  • もう1人が田臥勇太、フェニックス・サンズと契約
  • 日本人のNBAへの挑戦は厳しい道、留学からドラフト狙いが早い
  • 今近いのは、アメリカに留学中の2人、渡邉雄太と八村塁
  • ドラフト指名をされた日本人は今までに1人しかいない、それは岡山恭崇
  • しかし彼は契約しなかった

でした。

メジャーリーグに比べると、やはりはるかに険しい道だなあと思えました。

まず体格差に驚きました。
2メートルないとダメなんですね。

ハンデ大きすぎる。

そんな中、田臥選手は快挙だったと思います。

今大学生の2人、ドラフトを勝ち取れますように。
これから注目したいと思います。→2人目が出ましたね!渡邉雄太さん、おめでとうございます!!

 

今シーズンのトッププレイヤーは?4記事から独自集計しました!↓
NBA選手ランキングTop10【2018-19シーズン】トッププレイヤーは?

一番平均年俸が高いのは、実はNBAの選手だった!↓
アメリカスポーツ選手の平均・最低・最高年俸、年収が一番高いのは?

実力と比例していない?NBAの一番人気プレイヤーは誰?↓
アメリカ人気スポーツNBA人気のプレイヤー選手ランキング