アメリカスポーツ選手の平均・最低・最高年俸、年収が一番高いのは?

NBA、MLB、NHL、NFL、MLSがアメリカの5大スポーツです。
では、

5大スポーツで一番平均年収が高いのはどこでしょう?
最低年収は?
最高年収は?

この記事では、そんな疑問にお答えします!

平均年収では、

世界プロスポーツリーグの平均年俸ランキング15

をご紹介します。
どこの国の、どんなスポーツが入っているでしょうか。
日本は?

最後に、稼ぎの良いスポーツ関連の仕事についてもランキング形式でお話します。

儲かるスポーツ関連のお仕事ベスト10

です。

世界プロスポーツリーグの平均年俸 2017/2018

1位NBAアメリカのバスケ715万ドル約7.9億円
2位MLBアメリカの野球447万ドル約4.9億円
3位IPL(インドのクリケット)390万ドル約4.3億円
4位EPL(イングランドのサッカー)344万ドル約3.8億円
5位NHLアメリカのアイスホッケー311万ドル約3.4億円
6位NFLアメリカのフットボール270万ドル約3.0億円
7位La Liga(スペインのサッカー)218万ドル約2.4億円
8位Serie A(イタリアのサッカー)172万ドル約1.9億円
9位Bundesliga(ドイツのサッカー)163万ドル約1.8億円
10位Ligue 1(フランスのサッカー)123万ドル約1.4億円
11位CSL(中国のサッカー)102万ドル約1.1億円
12位NPB(日本の野球)85万ドル約9300万円
13位MLSアメリカのサッカー33万ドル約3600万円
14位AFL(オーストラリアのフットボール)23万ドル約2500万円
15位J-League(日本のサッカー)22万ドル約2400万円
1位は、アメリカのバスケットボールでした。

群を抜いて高いです。

アメリカの4大スポーツがベスト10に入っています。
子供達が憧れるのも分かりますね。

これを見ると、日本のチームはもっとあげても良いのかな?と思えてきます。

もう一つ思ったのは、世界のサッカー人気の高さ
世界各国のサッカーが入っているという感じです。
盛り上がるのも納得ですね^^↓

資料:statista

では、最低年俸と最高年俸に行きましょう!

アメリカ4大スポーツリーグの最低年俸と最高年俸

NBA(バスケットボール)

最低年俸

ルーキー:$582,180(約6400万円)
経験1年:$936,932(約1.0億円)
経験2年:$1,050,262(約1.2億円)
経験10年以上:$1,662,176(約1.8億円)

最高年俸

$37,457,154(約41.3億円)ステフィン・カリーズ(2018)

Wardell Curryさん(@stephencurry30)がシェアした投稿

MLB(野球)

最低年俸

$507,500(約5600万円)+最低限の年間増額

最高年俸

$35,571,428(約39.1億円)クレイトン・カーショウ(2018)

NHL(アイスホッケー)

最低年俸

$650,000(約7100万円)

最高年俸

$15,000,000(約16.5億円)コナー・マクディヴィッド、キャリー・プライス(2018)

Connor Mcdavidさん(@mcdavid97)がシェアした投稿

NFL(フットボール)

最低年俸

$465,000(約5100万円)2017年のケース+経験年数により増額

※団体交渉協定の一環で、最低年間給与は毎年$15,000増えています。
スゴイ!

最高年俸

$42,600,000(約46.9億円)ジミー・ガロポロ(2018)

Jimmy Garoppoloさん(@jimmypolo10)がシェアした投稿


NHL(アイスホッケー)が一番高い最低年俸だったのは意外でした。

しかしNHLには、他のスポーツにはない団体交渉協定があり、給与の上限を設定しているそうです。
そのため、パフォーマンスボーナスを受ける資格があるプレーヤーには制限があります。

NFL(フットボール)は、登録している選手が最も多いため、最低年俸が低くなっています。

しかし最高年俸は、どこも変わらずスゴイですね!
(アイスホッケーだけ除く…。)

では次に、今までの話を踏まえて、

スポーツ関連の仕事をするなら、どの仕事を選ぶのが良い?

というお話です。

年収が高いスポーツ関連の仕事

1位)バスケットボール選手

やはり一番はNBAでしょう!

選手はチームで定期的に練習し、シーズンには通常の82試合だけではなく、優勝チームとのプレイオフなども含まれています。

急速に変化するゲームで、競争力のあるパフォーマンスに必要な最高のコンディションを維持するためには、厳しいトレーニングが必要です。

選手はたとえ負傷してチームから離れても、契約後は引き続き保障を受けることができます。

2位)野球選手

MLB、メジャーリーガーも素晴らしいです!

シーズンには162試合とプレーオフがあるので、選手はツアースケジュールに対処しないとなりません。

多くのエキスパートは、打撃がスポーツの中でも難しい課題だと言っています。
何故なら、打撃のスキルは練習を怠るとすぐに鈍ってしまうからです。

アメリカのプロ野球選手のほとんどは、240以上のマイナーリーグでプレイしています。
月に千ドルから3千ドルというかなり低い報酬、しかも人気リーグチームに入れる保証はありません。

しかし大学や高校からドラフトされた上位100人の選手は、50万〜200万ドルのボーナスを貰っています。

3位)ホッケー選手

NHLが3位です。

82試合とプレーオフに耐える、高いレベルのコンディションを維持する必要があります。
スケート、パックのハンドリング、シューティングスキルを練習で洗練します。

アメリカとカナダのほとんどのプロホッケー選手は、150以上のマイナーリーグでプレイしています。
マイナーリーグのレベルに応じて、年間4万〜9万ドルの報酬が支払われています。

4位)フットボール選手

NFLが4位にきました!

フットボールは高速で衝突するスポーツで、怪我がとても多いです。
選手は怪我を治すために、物理療法やその他の治療環境でかなりの時間を費やします。

最近では外傷性脳損傷がとても増えていて、NFLでは練習中の選手同士の接触に制限を設けています。

選手キャリアの平均は、主要スポーツの中では最短の、わずか3.5年です。

それでもアメリカでは最も人気があります。

フットボールの登録者は他のスポーツよりもはるかに多く、53人です。
そのため、給与はたくさんの選手で分けないとなりません。

NFLの契約では、現シーズンを超えてまで保証されていないので、チームは能力を失った選手を報酬を与えずに切ることができます。

5位)スポーツブロードキャスター

引退した選手がよくやっていますね!

スポーツのブロードキャスターは、スポーツのライブイベントでチームやアスリートの解説をします。
選手のパフォーマンスや個人的関心を研究、勉強して、放送に準備します。

現在のスポーツの動向と、ユーモアのセンスも必要です。

アメリカの上位10のスポーツキャスターは、2017年、平均500万ドル(約5.5億円)を稼いでいます。

6位)スポーツコーチ

引退後にコーチになる選手も多いですね!

コーチの役割と報酬は、競技のレベル(高校、大学、マイナーリーグ、プロ)で変わります。

コーチはスキルと戦略を開発し、強化する練習セッションを編成します。
相手チームの長所と短所、チームとどのようにマッチするかを分析し、最適なパフォーマンスにするため指導します。

アメリカの上位25の大学コーチは、平均500万ドル(約5.5億円)を稼いでいます。
プロのコーチでも、2016年、500万ドル以上稼いでいます。

一方で、小規模な大学や高校では、かなり少ない収入になります。

7位)スポーツエグゼクティブ/ジェネラルマネージャー

んん?どんなお仕事でしょう?

ジェネラルマネージャーは、コーチとスタッフを雇います。
チームの強みと弱みを評価し、選手をドラフトし、他チームとの取引を調整します。
また選手や代理店との契約交渉をします。

スポーツエグゼクティブは、スポンサーシップとプロモーションの取り決めの開発を監督します。

トップスポーツエグゼクティブの平均年俸は43万5千ドル(約4800万円)です。
トップジェネラルマネージャーの平均年俸は200万ドル以上(約2.2億円)です。

8位)サッカー選手

MLSの出現でアメリカでも人気となったサッカーです!

サッカー選手は、ボールのハンドリングとパスするスキルを維持、向上させ、速いペースに対応するために、定期的な練習が必要です。

MLSの平均給与は上昇していますが、ヨーロッパのリーグには遠く及びません
またアメリカの男性と女性のプロサッカー選手でも大きく差異があります。

9位)スポーツ医師

これは違ったルートでのアプローチですね。

スポーツ医師は、スポーツ選手の診断と治療に特化しています。
怪我の性質と程度を診断し、リハビリテーションプログラムを設計して、アスリートの回復を促進します。

運動や栄養療法のための医学的影響について、コーチや選手にアドバイスし、トレーニングも提供します。
試合にも出席し、怪我をした時に、試合を続けてもいいかを判断します。

スポーツ医師の平均年俸は、2017年、$217,115(約2400万円)です。

10位)アンパイア/レフリー

こういうのもありました!

アンパイアとレフリーは、スポーツのルールを勉強し、状況に即座に対応する必要があります。

バスケットとホッケーでは、一緒にコートやリンクを走り回らないといけないので、体力も必要です。

プロのアンパイアとレフリーは、シーズン中、都市から都市へと移動します。

集中力、優れた視力、迅速な反応、健全な判断が不可欠です。
選手、コーチ、ファンの批判にも怯まず、落ち着いた感情のコントロールも必要です。

メジャーリーグのアンパイアは、12万ドル(約1300万円)から始まり、最終的には35万ドル(約3900万円)まで昇級します。
NFLのレフリーは、20万ドル(約2200万円)です。
NHLは、11万ドル(約1200万円)から36万ドル(約4000万円)の間です。
NBAのレフリーは、15万ドル(約1700万円)から55万ドル(約6000万円)です。

まとめ

アメリカスポーツ選手の平均・最低・最高年俸、年収が一番高いのは?、いかがでしたでしょうか。

  • 平均年俸はNBA、バスケが群を抜いて高い
  • 次がMLBの野球
  • 最低年俸はNHL、アイスホッケーが一番高い
  • 反対に一番低いのはNFL、フットボール
  • 最高年俸は野球の35億円だが、バスケもアメフトも34億円と近い
  • そこで、年収が高いスポーツ関連の仕事ベスト10は、バスケ選手、野球選手、ホッケー選手…と続きます

でした。

フットボール選手よりも、ホッケー選手の方がオススメ度が高いのは何故?と思ったのですが。

怪我で選手生命が短いから? でしょうか。

生涯年収が下がりそうですよね…って、スポーツやる人は、お金よりも遣り甲斐なんだろうなと思いますけど。

運動神経に恵まれていなかった私には、スポーツ関連のお仕事につくなんて考えたこともありませんでしたが。

想像してみるのは、ちょっと楽しいですね。

 

2018年、日本人メジャーリーガーを年俸順に紹介↓
日本人メジャーリーガー【2018】年俸順に投手・野手紹介

NBAに遂に2人目の日本人プレイヤーが!↓
NBAに日本人は過去2人、今近いのは八村塁と渡邉雄太

アメリカで実際に行われているスポーツは何?統計から↓
アメリカ人気スポーツ!最も行われているスポーツベスト10