アメリカのクリスマスの過ごし方は?現地から写真付きで

12月のイベントといえば、クリスマスです。

アメリカでは、サンクスギビングデイが終わると、町がクリスマスモードになります。

日本では「クリスマスは恋人達がロマンチックに過ごす日」というイメージがありますね。
料理はフライドチキンと、クリスマスケーキ!

でも本場アメリカでは全く違います。

クリスマスに向けてどんなことをするのか?
クリスマスをどう過ごすのか?

現地から、写真付きでお送りします。

クリスマスツリーを購入する

アメリカのクリスマスに欠かせないのは、クリスマスツリーです。

何故なら、アメリカではプレゼントをツリーの下に置く習慣があるからです。
プレゼントは、クリスマスの朝、開けられます。

そしてクリスマスツリーは作り物よりも、生の木が、やはり人気があります。

ツリーハントでクリスマスツリーをゲット

クリスマスツリーは、時期になるとスーパーマーケットでも売り出されます。
店舗の入り口に、網で細くまとめられたツリーがずらりと並びます。

これは簡単で良いのですが、どうせならツリーハントがオススメです。

ツリーハントとは、クリスマス用のツリーを植えている畑のことです。
たいていは山にあります。
そこへ行くと、好みの大きさ、種類のツリーを選び、自分で切って、買うことが出来ます。

もう少しお手軽なところだと、既に切ったツリーを、空きスペースを使って仮店舗で売っているところもあります。
私は山へ行くのは大変なので、毎年こういうところで買っていました。

これ!というのを選んでレジに持って行くと、下の余分な枝を切ってくれます。
そして網などに包んでまとめてもらい、車の上に寝かせて積み、持ち帰ります。
(クリスマス時期はツリーを載せている車がたくさん走ってます!)

 

生木のツリーは、部屋にセッティングすると、とても良い香りが広がります。

生きているので、毎日、お水をあげないといけません。

段々と葉が落ちるようになるのが難点です。

使用後は、指定のごみ収集所に捨てます。
(ちなみにアメリカでは、年明けでもツリーを飾っているところが多いです。)
ツリーは細かく断裁された後、公園などでウッドチップとして使われるとのことです。

プレゼントは何が欲しいのか探る

子供達は何を欲しがっているのか、サンタさんの力を借ります。

サンタクロースに会う

クリスマス時期になると、モールにはサンタクロースと写真を撮るサービスの特別エリアができます。

子供達は皆、オシャレをして、長蛇の列ができます。
サンタクロース役は、それなりのおじいさんが多いですが、時には若造が髭を付けてるだけ、という時もあります。

本物のサンタっぽいですね?
優しく膝に乗せてくれて、プレゼントは何が欲しい?とか訊いてくれます。
そして写真撮影。

ちなみに、結構、いい値段取られます。

サンタクロースに手紙を書く

写真はちょっと、という場合は、子供に手紙を書かせる、という手もあります。

モールにはポストもあって、サンタさんへ手紙を出すことも出来ます。

もちろん出す前に親が中身をチェックして、何が欲しいのか確認します。

クリスマスカードを送る

ホリデーカードとも言います。
日本の年賀状の代わりのようなものです。
(喪中というルールはありませんので、不幸のあったお家にも送れます。)


言葉は、クリスマス前に届くなら、「メリークリスマス」で大丈夫です。
過ぎるようなら、「ハッピー・ホリデーズ(Happy Holidays)」や「シーズンズ・グリーティングス(Season’s Greetings)」など。

宗教的なことを考えて選ぶこともあります。

家族写真や子供の写真を使ったカードに一言添える、と言うピクチャーカードも多いです。
お子さんのいるファミリーは、皆、それでしたね。

くるみ割り人形を観る

クリスマスといえば、くるみ割り人形ナットクラッカーです。
毎年観る人もいるくらいの定番です。

何故かと言うと、アメリカではお子さんが小さい頃にバレエを習っていることが多く、この時期の発表会のお決まりが「くるみ割り人形」。
自分の子供が今年はどんな役に付くか、楽しみに行くわけです。

バレエ教室としても、生徒の家族一同が来てくれる発表会は、チケットも売れて良い資金源

「くるみ割り人形」はクリスマスのお話なので、プロのバレエ団でもこの時期に公演されます。
大人気で、良い席はすぐにチケットがなくなるのが毎年のことです。

お菓子の家を作る

子供達定番のアクティビティです。
ジンジャーブレッドハウスと言います。
小学校の低学年から中学年くらいで、学校で作ることが多いです。

好きなお菓子を貼るだけなので簡単です。

で、これ後はどうするかというと、食べるということはなく、しばらく置いてから捨てられます。
ゴメンなさいっっ。

 🙁 もったいないですよね〜、でもあんまり美味しくないんですよねえ。
だから個人的には余り好きじゃなかったです、これ。
可愛いんですけどね。

アドベントカレンダーを買う

アドベントカレンダーは、クリスマスまでの日数を数えるためのカレンダーで、12月1日から24日まで。
それぞれ「」が付いていて、毎日開けると、中にお菓子や、オモチャなどが入っている、というものです。

 😀 楽しそうですよね!
手作りする人もいるようです。

残念ながら、私は一度も入手することなく来てしまいましたが…何度かチェックだけはしました。

クリスマスをどう過ごす?楽しむ?

日本ではクリスマスは恋人と過ごす日、というイメージですが、アメリカでは家族で過ごす日です。
どちらかと言うと、日本のお正月に近いと言えるでしょう。

お正月なので、家族が集まります。
日本ほどイブにはこだわらず、メインは25日、クリスマス当日です。

そしてクリスマスツリーの下には、家族からのプレゼントが山と積まれます。

何故、山なのか?

プレゼントを開ける

日本だとプレゼントは1つですが、

アメリカでは1人から1人へ2〜3つあげるのが習慣だからです。

親から子供だけでなく、夫婦間、兄弟間、親戚間と、皆で送り合います。
だから、数も多くなります。

もちろん高価なものを幾つもあげられないので、質より量になります。
(石鹸とか、靴下とか…)
それをワイワイ、ビリビリと開けるのが、アメリカのクリスマスの楽しみ方です。

まあ、最近はそれも変わりつつあるようですが。

ちなみに、アメリカではどんな物でも「返品」が当たり前にできるので、気に入らないプレゼントは自分でお店に持っていって、返品できます。
そのためプレゼントには「ギフトレシート」という値段の書かれていないレシートを一緒に付けておくことが一般的です。

クリスマス料理を食べる

家族で集まっているので、定番料理を食べます。
メニューは、

メイン

七面鳥(ターキー)の丸焼き
ハム
ローストビーフ

サイド

マッシュポテト
ローストポテト
人参やインゲンのソテー
茹でトウモロコシ

デザート

アップルパイ
パンプキンパイ

飲み物

エッグノッグ

というのが多いです。

ん?どこかで見たようなメニュー?
そう、サンクスギビングデイのメニューに似ていますね。

基本、アメリカのおもてなし料理はコレなんです。
なのでアメリカ人は11月、12月と2ヶ月続けて同じご馳走を食べるのです。

まとめ

アメリカのクリスマスの過ごし方は?いかがでしたでしょうか。

  • クリスマスツリーを購入、生木が人気、ツリーハントがオススメ
  • お子さんがいる人は、プレゼントは何が欲しいかサンタクロースの力を借りる
  • モールで写真を撮るサービスを利用したり、手紙を書かせるなど
  • クリスマス(ホリデー)カードを書く、日本の年賀状のようなもの
  • くるみ割り人形を観に行く、バレエを習っている子は出演も
  • ジンジャーブレッドハウスというお菓子の家を作るのは定番アクティビティ
  • アドベントカレンダーでクリスマスを指折り数えて待つ
  • クリスマス当日は、家族で過ごす、日本のお正月のような感じ
  • ツリーの下のプレゼントは山、ビリビリと開けて楽しむ
  • そして気に入らなかったプレゼントは後日、返品するのがアメリカ流
  • 料理はターキー、ハム、ローストビーフと、サンクスギビングデイのメニューと似ている

でした。

アメリカのホリデーシーズンは、お店の駐車場がどこも混雑して、人も多くて大変です。
でも店内の飾りはキラキラ、楽しい雰囲気で好きです。

くるみ割り人形は、娘も小さい頃、バレエを習っていたので、発表会を観に行きました。

あとサンフランシスコのバレエ団のも。

毎年行く人もいるのでしょうね、第九みたいに。

娘もティーンになってしまったので、サンタさんがどうこうのアクティビティは、もうしなくなってしまいましたが…淋しいですねえ。

そうそう、クリスマスツリーですが、猫を飼い始めるまでは、我が家も生木を使っていました。

その後は、イミテーションに変えました。
メンテナンスが大変なので。

アメリカ流クリスマス、楽しんでいただけたら幸いです^^