独立記念日のアメリカでの過ごし方!この日だけ許されるある事とは?

こんにちは、2000年からシリコンバレー在住のMAKIです。

7月4日は、アメリカの独立記念日、祝日でお休みです。

独立記念日には、全米各地でイベントが催され、盛り上がります。

この記事では、

アメリカ独立記念日ってどんな日?

歴史についてと、

アメリカ人のよくある独立記念日の過ごし方

そして、この日だけ許されること!

を、現地で何回も独立記念日を過ごした経験や、滞在される方に是非オススメしたいイベント情報も一緒にお送りします。

アメリカ独立記念日とはどんな日?

7月4日は、

インディペンデンス・デイ(Independence Day)」

あるいは普通に、

フォース・オブ・ジュライ(Fourth of July)」

とも呼ばれます。

独立記念日というからには、アメリカはどこからか独立したわけですが、さて。

アメリカは、どこから独立したのでしょう?

正解は、

イギリス(グレートブリテン王国)から独立しました

1500年代からアメリカは、スペイン、フランス、イギリスの植民地でした。

しかし1700年代に入り、イギリスとフランスが戦争し、イギリスの支配下になりました。
戦争でお金を使ってしまったイギリスは、アメリカに税金という負荷をたくさん掛けてきました。

だんだんと不満がたまっていくアメリカの人達…。

アメリカ独立戦争へ

1775年、ボストンのコンコードで、イギリス軍と植民地民兵が武力衝突しました。

勝ったのは、植民地軍です。

これをきっかけに、アメリカ独立戦争へと民意が固まります。

ジョージ・ワシントンが最高司令官として、大陸軍も組織されました。
後のアメリカ合州国初代大統領です。

※もうちょっと詳しく知りたい方はこちら!

関連記事

アメリカ独立戦争は、アメリカ東部のイギリス13植民地が本国イギリスに起こした戦争です。この記事では、アメリカ独立戦争とは?独立前にアメリカ独立宣言!フランス参戦でイギリス大ピンチ!そしてフランス革命へ?を、順を追[…]

アメリカ独立宣言

そして1776年7月4日。

  1. マサチューセッツ
  2. ロードアイランド
  3. ニューハンプシャー
  4. コネティカット
  5. ニューヨーク
  6. ニュージャージー
  7. ペンシルヴェニア
  8. メリーランド
  9. デラウェア
  10. ヴァージニア
  11. ノースカロライナ
  12. サウスカロライナ
  13. ジョージア

Map of territorial growth 1775

この13の植民地が「アメリカ独立宣言」をしました。
(画像の右側、赤い13州です。クリックすると大きい画像のあるページに飛びます。)

でも実際に独立したのは、もっと後、1783年です。
(この時、パリ条約を結び、13州は完全に独立、ミシシッピー川以東の広大な英国領ルイジアナ植民地(画像中央)を獲得しました。)

7月4日は、独立した日ではなく、独立宣言をした日、なのです

※もうちょっと詳しく知りたい方はこちら!

関連記事

アメリカ独立宣言は、アメリカ独立戦争が行われている最中に採択されました。独立してないのに宣言とは、気が早すぎますね?こちらの記事では、 アメリカ独立宣言とは? 原文と和訳 署名した人の内訳 内容は3つ[…]

この後、南北戦争を経て、西部開拓時代を迎えたアメリカは、インディアン部族を壊滅させながら、西へと進みます。

そしてメキシコから独立していたテキサス、翌年にはオレゴンを併合しました。
米墨戦争で勝利すると、メキシコ北部ニューメキシコとカリフォルニアを獲得、現在のアメリカの形ができてきます。

 

では歴史のお勉強はこれくらいにして、どんな風にお祝いするのか?にいきましょう!

アメリカ人のよくある独立記念日の過ごし方

3色で飾る

この日は独立記念日を祝うため、赤、青、白の服を着る人が多いです。

この3色は、アメリカの旗の色、アメリカン・カラーですね!

 

View this post on Instagram

 

Walmartさん(@walmart)がシェアした投稿


子供はもちろん、

 

View this post on Instagram

 

MARLEYLILLYさん(@marleylilly)がシェアした投稿


大人も、

 

View this post on Instagram

 

Walmartさん(@walmart)がシェアした投稿

ペットも!

 

View this post on Instagram

 

Walmartさん(@walmart)がシェアした投稿

パーティ!!

 

独立記念日をアメリカ人がどんな風にお祝いするのか、統計で見てみましょう

2017年のstatistaによると、

  1. バーベキュー・ピクニック:65.5%
    半数以上ってスゴイですね。
  2. 花火:43.6%
    独立記念日と言えば花火です。
  3. パレード:13.5%
    グッと少なくなりますが、パレードも定番イベントです。
  4. 旅行:13.3%
    連休なので旅行に行くのもアリですね。
  5. 何もしない:11.6%
    もちろん、こういう方も。

それでは、1つずつチェックしていきましょう!

バーベキュー

独立記念日は、家族や友人と集まり、パーティをしてアメリカをお祝いします。

お料理の定番は、バーベキューです!

ハンバーガー、ホットドッグが独立記念日のお決まりメニューです。

何せ、一家に一台、バーベキューセットがあるのが当たり前のアメリカ。

ポットラックで食べ物・飲み物を持ち寄り、皆でお喋りして食べながら、楽しみます。

花火

近所で花火大会があれば、昼くらいから場所取りしながら待つ、なんてのもあります。

花火大会は湖か、海の側ということが多いので、もちろんバーベキューセットを持ち込みます。

 

町によっては、一箇所からそれぞれの市があげる花火があちこちに見えて、日本ではなかなか見られない光景が楽しめます。

ヒューストンの花火

ただ時間はせいぜい30分くらいですし、日本の職人芸のような凝ったものはありません。

 

北カリフォルニアの独立記念日体験談

独立記念日は毎年、会社の先輩の家に昼過ぎから集まっていました。
先輩の家が水辺にあり、バルコニーから花火大会の花火がよく見えたので、恒例でした。

食事はもちろんバーベキューです。
材料や飲み物を持ち寄りで、バルコニーで食べました。

7月はサマータイム中でなかなか暗くならないため、花火が始まるのは9時半くらい。

夜でも暑いエリアは良いですが、北カリフォルニアは夏でも日が落ちると寒いので、ダウンジャケット必須です。
外で場所取りをしている人達は、夕方くらいから毛布に包まって待っています。

日本の花火大会とは、かなり様子が違いますね^^;

 

以下は、ローカルな花火大会ではなく、大規模で有名な花火大会です。
旅行に合わせて観るとオススメです。

Macy’s 4th of July Fireworks

ニューヨーク、ハドソンリバー。

老舗デパートのMacy’sが行なっている花火大会です。

オーケストラと共に、30分間に約4万発の花火が上がります。

Boston Pops Fireworks Spectacular

ボストン、チャールズリバー。

野外コンサート場でBoston Popsの無料コンサートが開催されます。

花火と生演奏が楽しめます。

Wawa Welcome America

フィラデルフィア、スクールキル・リバー・パーク。

6月末から始まるイベントで、フィラデルフィア美術館前の階段上でのコンサートが行われます。

締めはもちろん、花火です。

A Capitol Fourth

ワシントンDC、ナショナル・モール。

8時からコンサートがあり、テレビや映画のスター、ロックやカントリーのレジェンドが登場します。

9時過ぎにリンカーンメモリアルから発射された花火が、ワシントンモニュメントを背景に夜空を照らします。

Freedom Over Texas

ヒューストン、エレナー・ティンズリー・パーク。

東海岸ばかりの中、ようやく南部、テキサス州の登場です。

アメリカ最大の、陸の花火大会と言われています。

 

次は?楽しい楽しいパレードです!

パレード

National Independence Day Parade

ワシントンDCで行われる、一番有名なパレードです。
マーチングバンドや軍関係者が参加して行われます。

パレードは午前11時45分に始まり、午後2時まで続きます。
長さは1マイル(約1.6キロ)!

Independence Day Parade

ボストンで行われるパレードです。
「ボストン・ハーバーフェスト」という4日間のイベントの中の1つです。

当時の服装をした人が行進、空砲が撃たれます。

パレードはフィラデルフィアやヒューストンでも行われていますが、ここでは2つだけご紹介しました。

 

ここまでご紹介したイベントの公式サイトを、まとめてリンクを貼っておきます。

ニューヨーク:4th of July Firework Show
ボストン:Boston Harborfest
フィラデルフィア:Wawa Welcome America
ワシントンDC:National Independence Day Parade | A Capitol Fourth
ヒューストン:Freedom Over Texas

 

野外コンサートは有料、無料、全米各地で数え切れないほど行われています。

ハリウッドではハリウッドボウルで、オーケストラやロック、ジャズバンドが演奏し、最後に花火を楽しむのが定番です。

サンフランシスコシンフォニーとの独立記念日イベント体験談

ショアライン・アンフィシアター(円形劇場)で毎年恒例の、花火と音楽の祭典に参加しました。
サンフランシスコシンフォニーの生オーケストラを楽しみつつ、花火を見るイベントです。

座席指定の他、自由に座れる芝生席(というか、タダの芝生)があります。
芝生席は、皆、マットを持参し、場所取りします。
子供が小さいと、自由に遊べる芝生席が人気です。

プログラムは毎年テーマが変わります。
知ってる曲が多いテーマだと、ラッキーです。

1時間半ほどすると、あたりもすっかり暗くなり花火タイム。
「星条旗よ永遠なれ」などのBGMに合わせて、どんどん打ち上げられていきます。

生演奏と間近で見る花火の迫力に、感動しました!
帰りの渋滞はすごくて大変でしたが^^;…小一時間、動けませんでした。

 

大きなイベントを、もう1つご紹介します。
独立記念日と言えばバーベキュー、バーベキューと言えばホットドッグです!

ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権

毎年、独立記念日にニューヨークのブルックリンで行われているイベントです。

 

View this post on Instagram

 

Nathan’s Famousさん(@originalnathans)がシェアした投稿

ネイサンズというホットドッグ屋さんが主催していて、1916年から続いています。

現在のルールは、10分間の内に何本ホットドッグを食べられるか?(飲み物・調味料使用OK)

参加できるのは約20名、事前に予選会で勝利しなければならないという困難さです。

にも関わらず、日本人の方が健闘されています!

2001年から2006年まで6連覇、小林尊さん

小林さんは、ザ・ツナミの名で呼ばれていました。
あの津波のように何も無くなるという意味なのでしょうね。

ちなみに食べた最高記録は、64.5本です。
スゴイ…。

しかし上には上がいて、現在の最高記録は74本、アメリカ人のジョーイ・チェスナットさん。
2018年の記録です。

そしてこの年の女性の勝者は、ミキ・スドウさん、37本。
父親が日本人のアメリカ人です。

こうして見ると、日系はフードファイターに向いているのかな?と思えますね^^

 

それでは最後に、日本では当たり前ですが、アメリカでは出来ない事。
この日だけ特別に許されている事のお話です。

アメリカ独立記念日だけ許されること!

アメリカでは州、カウンティの法律で花火の使用を決められています。

多くの場所では、日本のように花火をすることができません。
お店でも花火は売っていません。

花火は多くの州で違法です。

夏になったら普通に自宅で花火をする日本からしたら、考えられないことですね。

禁止理由は、

  • 火事の危険があるから(山火事が怖いアメリカです)
  • 銃声と間違えるから(銃社会です)
  • 分解して爆弾を作る可能性があるから

などの他、

  • 馬鹿騒ぎをさせないため

というのが一番の理由だそうです。

アメリカ人〜、分かってらっしゃる。

 

でも、独立記念日の少し前、場所にもよりますが、この時期だけ花火をすることが許されます

突然、「花火売ってます」という花火屋さんが出るのが、アメリカ独立記念日の風物詩だったりします。

こんなです↓

 

View this post on Instagram

 

Åšhłēÿ Brøwñさん(@_mrs.a.brown_)がシェアした投稿

独立記念日=花火

こんな図式がアメリカ人の中にできる理由です。

 

花火大会があちこちで開かれる独立記念日ですが、そんな訳で、花火大会が終わった後も、個人で上げている花火の音がよく聞こえます。

その日だけ許される、お楽しみです。

 

まとめ

独立記念日とは?アメリカでの過ごし方と歴史、この日だけ許される事、いかがでしたでしょうか。

  • アメリカは、イギリスから独立した
  • 13の植民地が「アメリカ独立宣言」したのが、1783年の7月4日、独立した日、ではない
  • アメリカ人のよくある独立記念日の過ごし方は、赤、青、白の3色で飾る
  • 65%がバーベキュー
  • 43%が花火、有名どころはニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア、ワシントンDC、ヒューストンなど
  • 13%がパレード、有名どころはワシントンDC、ボストンなど
  • 13%が旅行
  • 11%が何もしない
  • イベントはいろいろ行われていて、ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権では日本人も活躍
  • 独立記念日だけ許されることは、花火の使用
  • この日に合わせ、花火屋さんが登場する

でした。

私が独立記念日の花火で思い出すものが、もうひとつあります。
シカゴのジョン・ハンコック・センターの展望台から見た花火です。

遠くの町で上げているいくつもの花火大会の花火が、少しずつ距離を置いて上がっているのが見えて、とても綺麗でした。
写真があれば載せたかったのですが、まだスマホのない時代で、デジカメも無くて…いつの人だって感じですね^^;

最近では、娘も大きくなったので、自分の町の花火大会の花火を、時間ギリギリ、時には始まってから、見にいってます。
近所だと歩いて行けるから良いですが、隣町から車で来てたりすると、帰りは渋滞で大変です。

でもアメリカ人にとって、この日はバーベキューと花火、外せないのでしょうね^^

独立戦争のキッカケで、アメリカ人がコーヒーを好むようになった理由?↓
ボストン茶会事件とは?背景とアメリカとコーヒーの意外な関係