アメリカ独立戦争きっかけと原因、流れをわかりやすく説明

アメリカ独立戦争は、イギリスの13植民地が本国イギリスに起こした戦争です。
ボストン茶会事件をきっかけに強まった独立への思い。

こちらの記事では、

  • アメリカ独立戦争とは?
  • きっかけとミニットマン
  • 独立宣言しちゃったぜ!
  • フランス参戦でイギリス大ピンチ!
  • 独立承認!

と、順を追って、分かりやすくまとめてみました。

アメリカ独立戦争とは

アメリカ独立戦争(アメリカどくりつせんそう)
英語だと、アメリカン・ウォー・オブ・インディペンデンス(American War of Independence)

いつ?:
1775年から1783年

どこで?:
北アメリカ東部(現在のアメリカとカナダ)、大西洋、地中海、カリブ海

誰が?:
イギリスの13植民地と本国イギリスが、

何をした?:
戦争をした

どうして重要?:
イギリスが負けて、アメリカ合衆国の独立となったから

1773年のボストン茶会事件以降、イギリスからの締め付けはさらに厳しくなっていました。

ボストン港の閉鎖
マサチューセッツ自治権の剥奪
軍隊を駐屯させる
移住を制限する

など。

植民地の人々の間の不満は募り、団結は強まり、イギリスへの反発はどんどんと強いものになっていきました。

アメリカ独立戦争のきっかけと原因

1775年4月19日 レキシントン・コンコードの戦い

マサチューセッツ、ボストン北西のコンコードでイギリス軍と植民地民兵が武力衝突

結果は、植民地軍の勝利

植民地軍は、コンコードに大量の武器を隠していました。

これを知ったイギリス軍が、取り上げてやろうとやって来たという訳です。

 

ところで、当時、植民地民兵は、「ミニットマン」と呼ばれていました。
呼ばれれば1分(ミニット)で駆けつけるという意味だそうです。

彼らは子供の頃から狩猟のために射撃の腕を磨いていたため、ライフル銃の扱いに長け、狙撃の腕は相当のものだったようです。

こちらはレキシントンにあるミニットマン像です。

なかなかカッコイイですね!

ミニットマンの銃弾を浴び、イギリス軍は撤退。
植民地側の勝利となりました。

この戦いから、「アメリカ独立戦争」の幕が切って落とされたのです。

同年5月には、若き日のジョージ・ワシントンが最高司令官として大陸軍が組織されました。
後のアメリカ合衆国初代大統領ですね^^

1776年 コモン・センス

トマス・ペインの書いた冊子

コモン・センス=常識です。

アメリカが独立するのは当たり前のこと、間違いではないと説かれていました。
当時の植民地の人々に勇気と自信を与え、さらに団結力を強めることに貢献したそうです。

1776年7月4日 アメリカ独立宣言

第二回大陸会議総会で、13植民地全会一致で決議

まだ戦争中で、勝ってもいないんですけどね^^;

もう独立するしかないでしょ!!という気持ちの現れ、というところでしょうか。

もし負けていたら、意味のないものになっていましたね。

 

そして戦いは、苦戦を強いられながらも一進一退を繰り返し、遂に好転するチャンスを掴みます。

他国との同盟です。

アメリカ独立戦争とフランス

1778年 フランス参戦

アメリカが優勢なのを見てのイギリスへ宣戦布告

以前、植民地アメリカをイギリスに取られた仕返しという訳ですね^^;

これで思いましたが、漫画『ベルサイユのばら』に登場したフェルゼン伯爵。
アメリカ独立戦争に参加していましたね〜。
ああ、これだったんだ!と思いました。
すみません、思い切り余談でした。

フランスだけではありません。

1779年 スペイン参戦

イギリスへ宣戦布告

1780年 オランダ参戦

イギリスへ宣戦布告

ううーむ、イギリスさん、四面楚歌。
大ピンチです^^;

これに焦ったのでしょうか、イギリスはアメリカに他国の船が出入りすることを禁止する!という海上封鎖をしてきました。
武器や物資を入れさせないようにすれば良い、と思ったのでしょう。

しかし、これにロシアや他国が反発しました。

1780年 武装中立同盟

ロシア・スウェーデン・デンマーク・プロイセン・ポルトガルで結成

ますますイギリスは、ヨーロッパで孤立してしまいました…!

1781年 ヨークタウンの戦い

フランス・アメリカ軍とイギリス軍の戦い

アメリカ独立戦争を終わらせた戦いと言われています。

バージニアのヨークタウンで、イギリス軍はフランス・アメリカ連合軍に敗れ降伏しました。

イギリス軍の指揮官だったコーン・ウォリスは、ニューヨークからの救援を待っていました。
しかし救援が遅れ食料も弾薬も無くなったイギリス軍は、もう降伏するしか道は残されていませんでした。

7千人のイギリス軍兵士が捕虜になりました。
救援艦隊が到着したのは、5日後でした。

18〜19世紀の200年の間、イギリス戦隊が負けたのは、この海戦ただ1回だけです。
アメリカが独立する運命だったのかもしれませんね?

1783年 パリ条約

イギリスとアメリカの講和条約

アメリカ合衆国の独立が承認され、遂に戦争は終結しました!

まとめ

アメリカ独立戦争について、いかがでしたでしょうか。

  • 1775年 レキシントン・コンコードの戦いで独立戦争が始まる
  • 植民地軍は、ジョージ・ワシントンが最高司令官
  • 翌年には、早々にアメリカ独立宣言を決議
  • 1778年 フランスが参戦、他国も味方に付く
  • 1781年 ヨークタウンの戦いでイギリス軍が降伏、これが決定打になる
  • 1783年 パリ条約にてアメリカ合衆国の独立が承認される

アメリカ軍には味方がたくさんついたのが有利でしたね。

この独立戦争、他の植民地の人々にも影響を与えたようで、
「そうか、独立できるものなんだ!」
と世界中で独立への動きに繋がったそうです。