摂氏華氏の違いは基準、体感早見表付き

アメリカでは摂氏ではなく、華氏を使っています。
華氏は、アメリカやイギリスで使われている温度の単位です。

摂氏は、°C、セルシウス度ですが、

華氏は、°F、ファーレンハイト度と言います。

「今日は72度!」
なんて言われると、え、それってどんな?って思っちゃいますよね。

今日は、

  • 摂氏と華氏の違いは基準にあった!
  • 摂氏と華氏は計算式より体感早見表が便利!

というお話です。

摂氏華氏の違い

まずは簡単に2つの違いを並べて見ます。

摂氏

単位:セルシウス(Celsius)
(スウェーデンの天文学者、アンデス・セルシウスさんから)

水の凍る温度:0°C

沸騰する温度:100°C

華氏

単位:ファーレンハイト(Fahrenheit)
(ドイツの学者、ガブリエル・ダニエル・ファーレンハイトさんから)

水の凍る温度:32°F

沸騰する温度:212°F

日本は摂氏に慣れているせいでしょうか。

水が凍る0度と、沸騰する100度は理解できますが、華氏の中途半端な数字には

「一体、何ですか、これは?^^;」

と思ってしまいますね。

 

でも、これ、ちゃんと理由がありました。

ファーレンハイトさん、

  • 外の一番低い温度:0度
  • 自分の体温:100度

にしたんだそうです。

これを摂氏にすると、

  • 外の一番低い温度:−17.8°C
  • 自分の体温:37.8°C

だったのですね。
(ドイツ、寒っ)

つまり、

水を基準に考えられた摂氏、人を基準に考えられた華氏

という訳です。

 

華氏は、病院で体温計をもらって熱を測って、

「うわー、100度超えてる!ヤバイ!熱ある〜!」

と分かりやすい温度の単位だったという^^

 

でも気温だと半端で分かりくいことに変わりないですけど。

と思っていたら、体感早見表が便利だという話がありました。
次で見てみましょう。

摂氏華氏早見表と計算式

ちなみに、摂氏から華氏への計算式には、こんなのがあります。

°C=(5÷9)×(°F-32)

逆にするとこんな。

°F=(9÷5)×°C+32

はあ、そうですか、って感じですよね^^;
やってられないです。

ファーレンハイトさんは人を基準に華氏を作りました。

でも華氏の0度は、外の1番低い温度でしたよね?

つまり、人の住める場所の温度は、0度から100度に収まるのだそうです。

なるほど〜!目から鱗です。

 

という訳で、華氏の体感早見表がこちらです。

華氏(°F)摂氏(°C)体感
〜10〜-12.2寒くて死ぬ
〜20〜-6.7死にそうに寒い
〜30〜-1.1めちゃめちゃ寒い
〜40〜4.4すごく寒い
〜50〜10寒い
〜60〜15.6涼しい
〜70〜21.1暖かい
〜80〜27.2ちょっと暑い
〜90〜32.2暑い
〜100〜37.8すごく暑い

体感は、寒がりの私モードになっております^^;

でも、ほら、風が吹いていたりするだけでも体感温度って変わりますから。
参考程度にお願いします。

 

ちなみに我が家のヒーター。
快適温度は、66〜74°Fになっています。

摂氏にすると、19〜23度って感じですね。

あれ、思ったよりもエコ設定でした…!
今、気づきました^^;

まとめ

摂氏と華氏について、いかがでしたでしょうか。

  • 摂氏は水を基準に考えられた
  • 華氏は人を基準に考えられた
  • 華氏を覚えるには、体感早見表が便利

でした!

私はアメリカに住んで結構経ちますが、華氏よりも摂氏の方がやっぱりピンと来ます。
特に体温は摂氏じゃないとダメですね。

微妙な感じが分かりません。

102度なんて言われたら、沸騰してると思っちゃいます!