ヒッピーの意味、語源と発祥、ファッション、頂点と終わり

ヒッピーってよく聞きますが、どういう意味かわかりますか?

長髪にヘッドバンドして、ラブ&ピース
が、恥ずかしながら、私のヒッピーのイメージでした。

そしてスティーブ・ジョブズが亡くなった時、若かりし頃に彼もヒッピーだったと知りました。
さもありなん、実はヒッピーは、ここサンフランシスコが発祥の地だったのでした。

  • ヒッピーって何?
  • 語源と発祥
  • ファッションの特徴
  • ヒッピーカルチャーの頂点と終わり

について調べてみました。

ヒッピー意味、語源と発祥

ヒッピー(Hippie)
1960年代後半に登場した、アメリカの社会体制を否定する若者たちのムーブメント
泥沼化していたベトナム戦争が背景にあり、自然回帰を主張し、愛と平和(ラブ&ピース)と自由を愛した

ヒッピーは、フラワーチャイルドフラワーチルドレンとも呼ばれました。
平和と愛の象徴として、花を飾ったことが理由で、『武器ではなく、花を』がスローガンでした。

ベトナム戦争反対のデモをペンタゴンで行った際には、警備隊とデモ参加者が衝突!
州兵が突きつけた銃口に、ヒッピーの青年が花を挿すという「漫画かい!?」という出来事があったそうです。

まさにフラワーチルドレン!!

 

語源は、ジャズ用語の「ヒップ(hip)=調子を合わせる」や「ヒップスター(hipster)=ジャズの熱烈な支持者」だと言われています。
フィーリングに敏感、みたいな意味があったようです。

 

発祥はサンフランシスコのダウンタウン、ヘイト&アシュベリー
ここでヒッピーたちが最初に共同生活を始めたそうです。

こちらは現在の街並みが伺える動画です。
普通の街並みと比べるとかなりカラフルですね^^

街はとってもオシャレ!
では、今ではちょっとダサいと思われてしまう、ヒッピーファッションとは、どんなものか分かりますか?

ヒッピーファッションの特徴

自然回帰がテーマのヒッピーなので、ファッションはシンプルでした。
一方で、異文化感を出すことも大切にしていました。

髪型は男性でも切らずに長髪。
男性はヒゲを伸ばす人が多かったようです。

ジーンズはベルボトム、刺繍の入ったカフタン(トルコの民族衣装)、独特の色彩と柄のシャツ、アクセサリー。
アクセサリーはビーズや花を使った手作り感溢れるものです。

うん、ダサいね?(笑)

また、自然回帰なので、服を着ないスタイルも生まれました。
女性もこのスタイルをしたそうです。

生まれた姿に?
でもサンフランシスコは夏でもかなり涼しいですよ。

ちょっとビックリですね^^;

ヒッピーカルチャーの頂点と終わり

ヒッピーカルチャーの頂点は、1969年8月にニューヨーク州郊外で行われたウッドストック・フェスティバルだと言われています。

初めて行われた大規模な野外コンサートで、30組以上のロック・ミュージシャンなどが出演し、入場者は40万人以上!集まりました。

カウンターカルチャーの集大成、愛と平和と自由のフェスティバルと語られますが、ドラッグが横行するなど、色々問題も多かったようです。

でも暴力事件などの犯罪は一切報告されていません、そういう意味では、ラブ&ピースな祭典だったようです^^

 

ところがこのわずか4ヵ月後の1969年12月、カリフォルニア州オルタモント・フリーコンサートでは、演奏中に黒人の観客がヘルズ・エンジェルス(警備員)に殺されるという悲劇が起きました。
別名、オルタモントの悲劇と呼ばれています。

ザ・ローリング・ストーンズ / ギミー・シェルター 〈デジタル・リマスター版〉 [DVD]

しかもこの様子は撮影されており、ドキュメンタリー映画として発売もされています。

ラブ&ピースと人種差別とは真逆となってしまったイベントに、ヒッピー達はどんな思いだったことでしょう。

 

ここから少しずつ、ヒッピーカルチャーは終わりを迎えていきます。

  • ウッドストック・フェスティバルでトリをつとめ、ヒッピーを引っ張っていたジミ・ヘンドリックスが1970年に27際の若さで死亡したこと。
  • ベトナム戦争が1975年に終わったこと。

色々な要素も重なりました。

ヒッピー達は髪を切り、大人になっていったのでした。

まとめ

ヒッピーについて、いかがでしたでしょうか。

  • ヒッピーはアメリカの社会体制を否定する若者たちのムーブメント
  • 語源は「hip」「hipster」
  • 発祥はサンフランシスコ
  • ファッションは長髪、ベルボトム、カフタン、独特の色と柄のシャツ、アクセサリー
  • ヒッピーカルチャーの頂点はウッドストック・フェスティバル
  • しかし4ヶ月後にはオルタモントの悲劇が起きる
  • そこから少しずつベトナム戦争終結に向け、ヒッピーカルチャーは終わりを迎える

のでした。

 

スティーブ・ジョブズの話に戻りますが、彼はできるだけ自然に治したいと考え、手術が遅れ、手遅れになって亡くなったんですよね。
もしかすると、若い頃のヒッピーの考え、自然回帰の思いが残っていたのかもしれないなと思いました。

彼は早く手術をすれば良かったと後悔していたそうですが…。

 

でも、ラブ&ピースの思想は、今またぜひ広まって欲しいなと思います。