ヒップスターの意味、ファッション、もう古い?!

ヒップスター(hipster)カルチャーは、アメリカの若者のカルチャーです。
と言ってもアメリカだけでなく、ヨーロッパにもヒップスターはいるそうです!

ギークの記事を書いていた時に出てきて、ヒップスターって何??と気になり、次はこれを調べて記事にしよう!と決めてました。

ヒップスターってどんな人?

ヒップスターファッションとは?

ヒップスターファッションお役立ち動画紹介

ヒップスターはもういない?!

をご紹介します!

ヒップスター(hipster)意味は?

まずは、ヒップスターがどんな人達なのか、見てみましょう!

 

ヒップスターは、

  • ニューヨーク
  • シカゴ
  • サンフランシスコ
  • ポートランド
  • シアトル
  • ミネアポリス

によく集まっています。

特にニューヨークのブルックリン郊外のウィリアムズバーグは、非公式ですが

ヒップスターの首都

として知られています。

 

大都市の「何か起こっているところ」で、ヒップスターを見つけることができます。
つまり、

インディペンデントアートギャラリー、映画館、バンド、人が集まるところに、ヒップスターはいます。

テキサスのオースティンやカンザスのローレンスなど、リベラルなところの大学の町にもいるかも知れません。

 

ヒップスターは、10代から30代です。

若者中心ですね。

 

ヒップスターは、流行に敏感です。

バンドもファッションも、ヒップスターが流行の発信源になるそうです。

 

ヒップスターは、再利用の達人です。

紙巻きタバコ、古着、固定ギア付きの自転車、アナログカメラなど、創意工夫しながらリサイクルを楽しむそうです。

 😀 流行に敏感なのだから、最先端のものだけかと思いきや、古いものも…面白いですね。

ヒップスターは、買い物にこだわります

地元小売業者を気にかけます。
小さなお店を気にかけます。
環境を気にかけます。

 😀 流行に敏感で、古い物も好きで、環境も気にかけるとは!
かなり意識の高い人達ですね。

しかも彼らは、オーガニック志向です。

 

ヒップスターは、良い教育を受けています

そうですね、高等教育を受けていないとちょっと難しそうですね。
テクノロジーにも詳しいそうですし。

 

うーん、ヒップスターになるのって、ちょっと大変そうかも。


次はファッションを見てみましょう。

ヒップスターファッションとは

トップスはチェック柄のシャツ、ペイズリーなどがオススメ!

フィットしたパーカー、ウェスタンシャツ、ギンガムもオーケーです。

また、重ね着はとても大事!

ボトムはスキニージーンズ!

女性は模様入りやカラフルなレギンスもよく穿きます。

スカートなら、ヴィンテージ物の花柄やレースのドレスをチェック。

おばあちゃんのクローゼットは宝庫かもしれません。

ただし自分に合うように裁縫する必要があります。

ヒップスターシューズは、コンバットブーツ、ヴィンテージシューズなどいろいろ!

フラットシューズ、ウェスタンブーツもオーケーです。

コンバースは以前はヒップスターでした。
でも今では、誰もがコンバースを履いているので、ヒップスターではなくなりました。
※しかしOKとしている人も多いです!

アイテムでは大きな黒縁のメガネを着用!

大きなプラスチック製のフレームで出来たメガネや、シャッターシェードメガネのような、遊び心にあふれたものも大好きです。

たとえ視力が良かったとしても、ヒップスターはガラスだけの伊達メガネをかけます!

女性は大きな花のヘッドバンド、ネオンマニュキュア、明るい色のベルト、鳥のネックレスも好んで身につけます。

あと忘れちゃいけないのは、男性ではヒゲです!

レトロな自転車、カメラを愛用!

その他、必需品は、FREITAGのメッセンジャーバック(バックパックはNG!)にMacBookiPhone、お気に入りのバンドのLPレコード(CDはNG!)だそうです。

 😀 古いのと新しいのが混じった感じですね^^;

ちなみに、FREITAGとは↓

FREITAG

フライターグ。
スイスのチューリッヒにあるメッセンジャーバックのブランドで、1つ1つ手作りのため同じものは1つもない。
トラックの幌を再利用して作られている。

 😯 これはお高そう!^^;

ヒップスターファッションはチープでもできますが、ヴィンテージともなると、かなりお高いものになりそうですね。
そうそう、わかりやすい動画を見つけました。

How to Dress like a Hipster

動画だと写真で見れるのでやはり良いですね。
見るだけでも楽しいです^^

と、ここまで調べてきたヒップスターですが、もう既にトレンドじゃないよ、という記事をいくつも見つけました。
遅すぎた?…orz

ヒップスターは古い?!

例えばこちら、タイトルにしっかり「ヒップスターは死んだ」と入っている2015年の記事(英語)です。
こちらでは次に流行るのはヤッキーだと宣言までされてます。

 😕 でもヤッキーって流行ってる…???

確かにヒップスターが出始めたのって2000年頃らしいので、その子たちは既に大人に…卒業しちゃってる頃ですよね。

ファッションってそう長くは続かないもの…。

「ヒップスター?ぷぷぷ」

って笑われちゃったりするようです。

ヒップスターはどこに行ったんだ〜〜〜!?

なんて叫んでる記事もありました。

そっかあ、でもカルチャーって移りゆくものだから、仕方ないですけどね。

カッコいいオタクっぽいヒップスター、私はまだまだいけそうな気がするんですが、どうでしょうか?

まとめ

「ヒップスター」について、いかがでしたでしょうか。

  • ヒップスターはニューヨークのウィリアムズバーグなど都会に多い
  • 流行に敏感で、古い物も好き
  • 良い教育を受けていて、意識が高い
  • ファッションはチェック柄のシャツにスキニージーンズが定番
  • 黒縁メガネ、ヒゲ、レトロな自転車、MacBook、iPhone、LPレコードがアイテム
  • でもヒップスターはもう古い、既に廃れてしまったらしい?

でした。

ヒゲやオーガニック志向なあたりが、ちょっとヒッピーに似ているかなとも思ったのですが、どうでしょう?
名前も似てますし。

しかし流行の最先端を行っていたヒップスターがいなくなってしまったら、誰が流行を生み出すんでしょうね?
ヤッキー?
まあ、きっと代わりの人達が出てくるんでしょうけれど。