ヒップスターの意味!どんな人?ファッションは?もう古い?!

こんにちは、2000年からシリコンバレー在住のMAKIです。

ヒップスター(hipster)カルチャーは、アメリカの若者のカルチャーです。
と言ってもアメリカだけでなく、ヨーロッパにもヒップスターはいるそうです!

↑こちらの記事を書いていた時に出てきた言葉、ヒップスター。

何??と気になり、調べてみたら、いろいろ面白いことが分かりました!

  • ヒップスターってどんな人?
  • ヒップスターファッションとは?
  • ヒップスターファッションお役立ち動画紹介
  • ヒップスターはもういない?!

をお送りします!

目次

ヒップスター(hipster)の意味は?

まずは、ヒップスターを辞書で引いてみます。

通(つう)、ジャズ通、ジャズファン、流行の先端を行く人、新しがり屋

weblio
MAKI

流行に敏感な人という意味に加え、1950年代からジャズファンという意味でも使われるようになりました

ヒップスターの始まり

2003年、ニューヨークブルックリン郊外のウィリアムズバーグ在住の作家、ロバート・ランハムが『The Hipster Handbook』を出版したことで、ヒップスターという言葉は、この地域に関連して広く使われるようになりました。

ウィリアムズバーグがヒップスターの首都として知られるようになったのは、この本のおかげです。

※ヒップスターという用語は、元々は1940年代のサブカルチャーを指したものでした。

ヒップスターはどこにいる?

ヒップスターはお洒落な街にいます。
流行に敏感なヒップスターは、社会の主流からちょっと外れた衣服、音楽、食べ物を楽しみます。
インディペンデントアートギャラリー、音楽レーベル、職人芸の技が際立つものが好きです。

こんなところにいるよ!と紹介されていたのが、こちら。

  • バークレー(カリフォルニア州)
    テレグラフ・アベニューには、老舗レコード店アメーバ・ミュージックやヴィンテージ専門の洋服店がある
  • マディソン(ウィスコンシン州)
    湖が多くアウトドアが楽しいサイクリングコース、ビール醸造所、サーカスの技術を学べるマディソンサーカススペースがある
  • ポートランド(オレゴン州)
    SEディビジョンストリートには、ここで発祥したスタンプタウン・コーヒーが飲め、世界最大の独立系書店パウエルズがある
  • ワシントンD.C.
    ヒップスターの本拠地、パンクからインディーズバンドをホストしてきた9:30クラブがある
  • フォートコリンズ(コロラド州)
    20以上の醸造所があり、ビール愛好家にとって最高の都市のひとつ
  • ミネアポリス(ミネソタ州)
    サイクリングコースとアートが自慢の学生の街
  • アナーバー(ミシガン州)
    新旧の書店がたくさんあり、州立劇場や自主制作映画を楽しむシアター、フェスティバルも多い
  • シアトル(ワシントン州)
    グランジロックの街、コーヒーショップ、ヴィンテージ&コスチュームの店舗がある
  • サンフランシスコ(カリフォルニア州)
    生活費が高くなければ、ヒップスターの楽園になっていた街、ヒッピー文化を受け継ぐ
  • テンペ(アリゾナ州)
    砂漠のオアシス、キングコーヒーでアイスコーヒーを飲み、ピタジャングルでピザを頼みくつろげる
MAKI

醸造所という言葉がいくつか出ていますが、ヒップスターはビールが好きなんですね!

ヒップスターはどんな人?

ヒップスターは、音楽やファッションなど流行の発信源です。

年齢制限はありませんが、10代から30代が多いです。

ヒップスターは再利用の達人です。
紙巻きタバコ、古着、固定ギア付きの自転車、アナログカメラなど、創意工夫しながらリユースを楽しみます。

MAKI

流行に敏感なのだから、最先端のものだけかと思いきや、古いものも…面白いですね

ヒップスターは買い物にこだわります。

地元小売業者を気にかけます。
小さなお店を気にかけます。
環境を気にかけます。

MAKI

流行に敏感で、古い物も好きで、環境も気にかけるとは!
かなり意識の高い人達ですね

ヒップスターは良い教育を受けています

知識を得るため実際に本を購入するだけでなく、小さな地元の図書館を利用します。
自主制作映画や外国映画を楽しみます。
音楽、アート、ファッション系のキャリアを目指します。

MAKI

テクノロジーにも詳しいようだし、高等教育を受けていないとちょっと難しそうですね
ヒップスターになるのって、ちょっと大変そうかも

参考:How to Be a Hipster

次はファッションを見てみましょう。

ヒップスターファッションとは

ヒップスターにとって、ファッションは音楽の好みと同じくらい重要です!

トップスはバンドTシャツにチェック柄のシャツ

ピンク・フロイド、メタリカ、ヴァン・ヘイレンなどのバンドTシャツ。
上にチェック柄のシャツ、カウボーイシャツ、フランネル、ペイズリーなどのシャツを着ます。

フィットしたパーカー、ウェスタンシャツ、ギンガムもオーケーです。

MAKI

重ね着がとても大事とのこと!

ボトムはスキニージーンズ

特に明るい色や模様のスキニージーンズが好まれます。
ヒップスターの男性は女性のように痩せている傾向です。

女性は模様入りやカラフルなレギンスを好みます。

スカートなら、ヴィンテージ物の花柄やレースのドレス。

MAKI

おばあちゃんのクローゼットは宝庫!

ただし自分に合うように裁縫する必要があります。

シューズはコンバットブーツ、ヴィンテージシューズなど

フラットシューズ、ウェスタンブーツもオーケーです。

コンバースは以前はヒップスターでした。
でも今では、誰もがコンバースを履いているので、ヒップスターではなくなりました。
※しかしOKとしている人も多いです!

アイテムはメガネ!

大きなプラスチック製のフレームのメガネや、シャッターシェードメガネのような、遊び心にあふれたものが大好きです。

MAKI

たとえ視力が良かったとしても、ヒップスターは伊達メガネをかけるんだって!

女性は大きな花のカチューシャ、ネオンカラーのマニュキュア、明るい色のベルトも好んで身につけます。

また、ミスマッチなものを重ね着したりするのも、とてもヒップスターです!

持ち物はレトロな自転車、カメラ

その他、必需品は、FREITAGのメッセンジャーバック(バックパックはNG!)にMacBookiPhone、お気に入りのバンドのLPレコード(CDはNG!)。

ちなみに、FREITAGとは↓

FREITAG(フライターグ)
スイスのチューリッヒにあるメッセンジャーバックのブランドで、1つ1つ手作りのため同じものは1つもない。
トラックの幌を再利用して作られている。

これはお高そう?
ちなみにフライターグで検索したら、トートバッグがヒット↓

created by Rinker
ノーブランド品
¥229,980 (2022/10/01 23:30:09時点 Amazon調べ-詳細)

髪型はカジュアル

自然を好むので、ボサボサでもオーケーです。

ヒッピーと混乱し、定期的にシャワーを浴びていないのではと言われることもありますが、これは間違いです。
環境に優しい石鹸を使い、普通の衛生状態を保っています。

また男性はあごヒゲ、口ヒゲを好みます。
必須ではありません。

ヒップスターファッションはチープでもできますが、ヴィンテージともなると、かなりお高いものになりそうですね。
わかりやすい動画を見つけました↓

動画だと写真で見れるのでやはり良いですね。
見るだけでも楽しいです^^

と、ここまで調べてきたヒップスターですが、もう既にトレンドじゃないよ、という記事をいくつも見つけました。

ヒップスターは古い?!

例えばこちら、タイトルにしっかり「ヒップスターは死んだ」と入っている2015年の記事(英語)です。
こちらでは次に流行るのはヤッキーだと宣言までされてます。

MAKI

でもヤッキーって流行ってる…???

確かにヒップスターが出始めたのって2000年頃らしいので、その子たちは既に大人に…卒業しちゃってる頃ですよね。

ファッションってそう長くは続かないもの…。

「ヒップスター?ぷぷぷ」

って笑われちゃったりするようです。

ヒップスターはどこに行ったんだ〜〜〜!?

なんて叫んでる記事もありました。

でもカルチャーって移りゆくものだから、仕方ないですけどね。

カッコいいオタクっぽいヒップスター、私はまだまだいけそうな気がするんですが、どうでしょうか?

まとめ

ヒップスターの意味!どんな人?ファッションは?もう古い?!、いかがでしたでしょうか。

  • ヒップスターはニューヨークのウィリアムズバーグなど都会に多い
  • 流行に敏感で、古い物も好き
  • 良い教育を受けていて、意識が高い
  • ファッションはチェック柄のシャツにスキニージーンズが定番
  • 黒縁メガネ、ヒゲ、レトロな自転車、MacBook、iPhone、LPレコードがアイテム
  • でもヒップスターはもう古い、既に廃れてしまったらしい?

でした。

ヒゲやオーガニック志向なあたりが、ちょっとヒッピーに似ているところもありますね。
名前も似てますし。

しかし流行の最先端を行っていたヒップスターがいなくなってしまったら、誰が流行を生み出すんでしょうね?
ヤッキー?
まあ、きっと代わりの人達が出てくるんでしょうけれど。

アメリカの文化についての記事

よかったらシェアしてね!
目次