MLBユニフォームかっこいいランキング!2023 全チーム画像付

アメリカ4大スポーツの1つ、 メジャーリーグベースボール(MLB)の球団数は30チーム。

この中で、どのチームのユニフォームがいちばんカッコイイと思われているのか?
ランキング形式でご紹介します。

ベースとなっているのは、2022年7月から2023年のスポーツ記事6つ。(最後にリンクがあります。)
全てをまとめて集計しました。

それでは早速、

  • MLBかっこいいユニフォームランキング(2023年度版)
  • 1チームにユニフォームは何種類ある?

をご覧ください。

目次

MLBユニフォームがかっこいいチーム21位〜30位

最下位の球団から順にご紹介します。

全順位:6サイトの順位を羅列しています

30位:アリゾナ・ダイヤモンドバックス

Keith Allison from Hanover, MD, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
ミッチ・ハニガー(2016)

全順位:30 28 28 27 27 30
本拠地:
アリゾナ州フェニックス
設立:
1998年

ほぼ最下位に近い順位ばかりで、非常に人気が無いのがうかがえます。
以前の紫と青緑を使ったデザインは良かったのに、という意見がありました。

29位:クリーブランド・ガーディアンズ

Erik Drost, CC BY 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by/2.0>, via Wikimedia Commons
エニエル・デロスサントス(2022)

全順位:27 30 27 19 30 23
本拠地:
オハイオ州クリーブランド
設立:
1894年

こちらも最下位に近い順位が半分以上を占めています。
2022年にクリーブランド・インディアンスから改名した際、デザイン一新のチャンスでしたが、採用されたのは同じデザインでした。

28位:シンシナティ・レッズ

全順位:26 26 23 21 28 25
本拠地:
オハイオ州シンシナティ
設立:
1881年

20位以下の順位が集まっています。
文字通りレッズ、赤いユニフォームは力強さを表していて、一部の人には好評ですが、マンネリ感があるようです。

27位:タンパベイ・レイズ

All-Pro Reels from District of Columbia, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
ランディ・アロサレーナ(2020)

全順位:28 27 24 24 21 21
本拠地:
フロリダ州セントピーターズバーグ
設立:
1998年

20台前半の順位が多くなっています。
爽やかさを演出する青と白で構成されていますが、デビルレイズ時代の虹色を懐かしむ声がありました。

26位:ロサンゼルス・エンゼルス

Mogami Kariya, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
大谷翔平(2022)

全順位:22 22 19 25 29 24
本拠地:
カリフォルニア州アナハイム
設立:
1961年

1つ29位というのがありましたが、他は20位前後です。
赤の他にはグレーと白があり、赤い袖でシャープに見え、ロゴもスタイリッシュな印象を与えます。

25位:ヒューストン・アストロズ

全順位:29 25 22 13 25 27
本拠地:
テキサス州ヒューストン
設立:
1962年

最高は13位、残りは20台後半が多めです。
シンプルなカラーリングは賛否が分かれます。
脇のカラフルさは、かつてのレインボーショルダーのユニフォームの名残でしょうか。

Mother's Cookies, Public domain, via Wikimedia Commons

24位:コロラド・ロッキーズ

jenniferlinneaphotography, CC BY 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by/2.0>, via Wikimedia Commons
コナー・ジョー(2021)

全順位15 18 30 28 13 26
本拠地:
コロラド州デンバー
設立:
1993年

真ん中辺の順位が半分、残り半分は最下位寄りです。
余りに普通で、ドキドキしないと言われています。
しかしシティコネクトの下記のユニフォームは個性的です。

シティコネクトユニフォーム:
MLBのユニフォーム供給元であるナイキ社と、各都市の共同の企画で作られたユニフォームです。

23位:ワシントン・ナショナルズ

All-Pro Reels from District of Columbia, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
カイル・シュワーバー(2021)

全順位:23 21 12 29 15 29
本拠地:
ワシントンD.C.
設立:
1969年

順位は低めが多いですが、半分より上位もあり、好みが分かれているようです。
2022年に出たシティコネクトユニフォームでは、大きく「WSH」とあり、桜が描かれています。

22位:マイアミ・マーリンズ

D. Benjamin Miller, Public domain, via Wikimedia Commons
ワスカル・ブラゾバン(2023)

全順位:21 29 29 23 2 22
本拠地:
フロリダ州マイアミ
設立:
1993年

2位が1つ以外は、20位以下、最下位近くに2つの順位です。
上位に入っていた理由は、シティコネクトユニフォームがお洒落だったから、カラフルで個性的で、フロリダの雰囲気が反映されています。

21位:ミネソタ・ツインズ

全順位:20 24 26 14 26 13
本拠地:
ミネソタ州ミネアポリス
設立:
1901年

21位付近の順位が集まっています。
2023年にユニフォームを刷新しました、帽子に「TC」のロゴが残っています。

TC:本拠地であるミネアポリス市と、対岸の州都セントポール市が「Twin Cities(双子都市)」と呼ばれていることから。

ちょっと関連性を感じますね、ユニフォームと人気球団…↑

ここで、ランキングからちょっと離れて、MLBのユニフォームの種類についてお話しします。

MLB、1チームにユニフォームは何種類ある?

2023年にMLBは、ユニフォームの新ルールを導入しました。
それにより、

各チームが着用できるのは5種類まで

となりました。

  1. ホーム用:チームカラーが特徴
  2. ビジター用:ホーム用と異なるカラーとデザイン
  3. 代替1
  4. 代替2
  5. シティコネクト

の5種類になります。

代替ユニフォームには、

  • サニーユニフォーム:主にデイゲームや夏季の試合で使用される、明るいカラーのユニフォーム
    他のユニフォームと比べて素材やデザインが異なる場合もある
  • レトロ/サービスユニフォーム:チームの過去のデザインや特定のテーマに基づくユニフォーム
    特別なイベントや記念試合で着用するチームもある
  • プラクティスユニフォーム:練習やウォームアップ時に使用されるユニフォーム
    よりシンプルなデザインや素材で作られている

などがあります。
チームによっては、シーズン毎に新しいものを導入することもあります。

2022年に6つのユニフォームがあったマリナーズは、新ルールにより、2種類減らしました。

逆に4種類もユニフォームを持たないチームもあります。
(例えばニューヨーク・ヤンキースは2種類だけ。)

また、ホーム用は白を基調、ビジター用はグレーを基調というイメージでしたが、最近はそうでも無くなっています。
要は、試合の時に相手チームと色が重ならなければオーケーです。

MAKI

面白いですね!

では20位から11位です!

MLBユニフォームがかっこいいチーム11位〜20位

20位: テキサス・レンジャーズ

Iván Rodríguez, of the Texas Rangers AL baseball team.
イバン・ロドリゲス(2009)

全順位:24 23 3 26 19 28
本拠地:テキサス州アーリントン
設立:1961年

3位という高順位以外は、20位近く、下の順位が多いです。
青と赤の組み合わせは目を引きますが、特に特徴がなく中途半端、均一性に欠けているという意見がありました。

19位:ニューヨーク・メッツ

D. Benjamin Miller, Public domain, via Wikimedia Commons
エドゥアルド・エスコバー(2022)

全順位18 17 17 20 18 16
本拠地:
ニューヨーク州ニューヨーク
設立:
1962年

10台後半から20位に集中して集まっています。
黒の代替ユニフォームもカッコイイと人気です、特にメッツのロゴが好きな人が多いです。

18位:カンザスシティ・ロイヤルズ

Ken Lund from Reno, Nevada, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
ジョシュ・ストゥーモント(2019)

全順位:19 19 20 17 10 18
本拠地:
ミズーリ州カンザスシティ
設立:
1969年

10台後半が多めです。
よく映えるロイヤルブルー、青と白のデザインは清潔感があり、シンプルながら魅力的、代替のパウダーブルーも好まれています。

17位: ピッツバーグ・パイレーツ

The Office of Governor Tom Wolf on Flickr, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
アンドリュー・マカッチェン(2012)

全順位:10 13 7 22 24 19
本拠地:ペンシルベニア州ピッツバーグ
設立:1882年

1桁、10台、20台と評価が分かれています。
2022年に筆記体を復活させ、黒の代替ユニフォームはシンプルながらも個性的なデザインで、一部の人からは高く評価されています。

16位: デトロイト・タイガース

Keith Allison from Hanover, MD, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
ミゲル・カブレラ(2018)

全順位:25 3 21 12 16 11
本拠地:ミシガン州デトロイト
設立:1894年

20台もありますが、1桁、10台前半でほぼ半分のこの順位です。
タイガースはホームの白と、遠征のグレーの2種類しかありません。
シンプルなデザインが特徴で、オレンジ色のロゴが目を引きます。

Detroit Tigers/Major League Baseball, Public domain, via Wikimedia Commons
このロゴを気に入っている方は多いです!

15位:シアトル・マリナーズ

U.S. Navy Photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Emilia Hilliard, Public domain, via Wikimedia Commons
ワイアット・ミルズ(2022)

全順位:11 12 16 8 23 17
本拠地:
ワシントン州シアトル
設立:
1977年

1桁から20台まで満遍なく揃っています。
グレーのユニフォームがない数少ないチームのひとつです、代替もシティも素敵な色合いでシンプルかつ洗練された印象を与えます。

14位:ミルウォーキー・ブリュワーズ

全順位:14 14 13 4 20 20
本拠地:
ウィスコンシン州ミルウォーキー
設立:
1969年

4位と高順位もありましたが、20位が2つでこの真ん中の順位です。
クリーム色のホーム、代替とシティの色も綺麗、個性的で見た目がクールと言われています。

13位:シカゴ・ホワイトソックス

RMelon, CC BY-SA 3.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0>, via Wikimedia Commons
マーク・バーリー(2009)

全順位:12 15 25 18 7 7
本拠地:
イリノイ州シカゴ
設立:
1900年

1桁が2つ、20台もありますが、高めの順位となりました。
胸のロゴがお気に入り、またシティコネクトの「Southside」の文字と黒と白のピンストライプもお洒落と評判です。

12位:ボルチモア・オリオールズ

Keith Allison from Hanover, MD, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
アダム・ジョーンズ(2017)

全順位:17 11 15 11 17 12
本拠地:
メリーランド州ボルチモア
設立:
1901年

1桁はありませんが、20台も無く、10台前半が多く占めています。
クラシックで堅実、オレンジと黒の組み合わせは鮮やかで目を引きます、帽子の鳥の絵も可愛いと言われています。

11位: アトランタ・ブレーブス

Thomson200, CC0, via Wikimedia Commons
オジー・アルビーズ(2018)

全順位:7 9 18 30 3 14
本拠地:ジョージア州アトランタ
設立:1871年

1桁が3つ、何故か最下位がひとつ。
古き良き南部と、都会的なイメージが掛け合わさったイメージは、クラシックで力強い印象を与えます。

いよいよベスト10です。

MLBユニフォームがかっこいいチーム1位〜10位

10位:ボストン・レッドソックス

Bryan Green, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
ジャレン・ビークス(2018)

全順位:9 20 11 5 22 6
本拠地:マサチューセッツ州ボストン
設立:1901年

1桁台が半分、20台2つが足を引っ張ってこの順位です。
シンプルながら鮮やかなカラーリングが人気、赤が芝生に映えます。
ボストン・レッドソックスは長い歴史のあるチームで、ユニフォームには豊かな伝統と誇りが込められています。

9位:フィラデルフィア・フィリーズ

Tuh22823, CC BY-SA 4.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, via Wikimedia Commons
ホセ・アルバラード(2022)

全順位:8 10 8 7 9 16
本拠地:ペンシルベニア州フィラデルフィア
設立:1883年

1桁が4つ、ベスト5はありませんが、総じて高い評価です。
赤と白を基調としたデザインで、赤いキャップやストッキングとの組み合わせが特徴的です。
特別なイベントや記念日に合わせて代替ユニフォームを使用することもあり、ファンやコレクターの間で人気を集めています。

8位:シカゴ・カブス

Gamefreak777, Public domain, via Wikimedia Commons
スターリン・カストロ(2010)

全順位:4 16 14 3 11 8
本拠地:イリノイ州シカゴ
設立:1876年

1桁は3つですが、その内の2つはベスト5以内です。
シンプルでクラシックなデザインが特徴で、青が美しい完璧なユニフォームです。
大きな「C」のロゴも完璧。

7位: サンフランシスコ・ジャイアンツ

All-Pro Reels, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
オースティン・スレイター(2022)

全順位:5 6 5 15 14 9
本拠地:カリフォルニア州サンフランシスコ
設立:1883年

1桁が4つ、その内ベスト5が2つ、とても人気の高いユニフォームです。
オフホワイトを着ている唯一のチームで、とても美しい、本当に素晴らしいと絶賛です。
黒とオレンジの組み合わせも良いです。

6位:ロサンゼルス・ドジャース

Jorbit vivas, CC BY-SA 4.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, via Wikimedia Commons
ホルビット・バイバス(2022)

全順位:6 5 10 10 12 5
本拠地:カリフォルニア州ロサンゼルス
設立:1883年

1桁は3つ、ベスト5が2つ、全体的に評価が高くなっています。
シンプルで洗練されたデザインが特徴で、ナンバーが赤なのが好まれています。
ドジャースのホームユニフォームは、80年間ほとんど変わっていません。

5位:サンディエゴ・パドレス

Ryan Casey Aguinaldo, CC BY-SA 4.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, via Wikimedia Commons
マニー・マチャド(2021)

全順位:16 4 6 9 1 10
本拠地:カリフォルニア州サンディエゴ
設立:1969年

1桁が4つ、その内の1つはトップです。
2020年にリニューアルし、史上最高のユニフォームが考案されました。
ホームの白いピンストライプは綺麗だし、サンドブラウンのビジター用も素晴らしいです。
一方で、シティコネクトは安っぽいとの意見があります。

4位: トロント・ブルージェイズ

Chris Robart on Flickr (Original version)  佾珜 (Crop), CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
コルト・ハインズ(2015)

全順位:13 8 2 6 8 1
本拠地:オンタリオ州トロント
設立:1977年

5つが1桁、その内に1位と2位があります。
鮮やかなブルーを基調としたユニフォームは清潔感があり、ブルージェイズのロゴが特徴的です。
ブルージェイズはカナダ唯一のメジャーリーグベースボールチームであり、国内外の多くのファンから愛され、ユニフォームは球団の象徴として親しまれて支持を受けています。

created by Rinker
Mitchell&Ness(ミッチェル&ネス)
¥24,137 (2024/04/19 07:20:36時点 Amazon調べ-詳細)

3位: セントルイス・カージナルス

Ryan Casey Aguinaldo, CC BY-SA 4.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, via Wikimedia Commons
ノーラン・アレナド(2022)

全順位:1 2 1 16 5 2
本拠地:ミズーリ州セントルイス
設立:1882年

5つが1桁、その内で1位と2位が2つずつという人気です。
とにかく褒める言葉が多く、ホームのホワイト:完璧、ビジターのグレー:完璧、代替のクリーム色:完璧、代替のブルー:最高っ!!という感じです。
ロゴの鳥も皆、大好きです。

created by Rinker
Majestic
¥34,883 (2024/04/18 09:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

2位:ニューヨーク・ヤンキース

DR. Buddie, CC BY-SA 4.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0>, via Wikimedia Commons
アーロン・ジャッジ(2018)

全順位:3 7 4 2 6 4
本拠地:ニューヨーク州ニューヨーク
設立:1901年

全てが1桁、1位はありませんが、ベスト5が4つもあります。
ニューヨーク・ヤンキースはホーム用とビジター用の2種類しかユニフォームを持っていません。
ピンストライプは1915年から着用されていて、胸のロゴは1936年からという伝統的なものです。
シンプルでクラシックなデザインは、多くの人から高く評価されています。

1位:オークランド・アスレチックス

Ken Lund from Reno, Nevada, USA, CC BY-SA 2.0 <https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0>, via Wikimedia Commons
ルー・トリビーノ(2019)

全順位:2 1 9 1 4 3
本拠地:カリフォルニア州オークランド
設立:1901年

全てが1桁、1位が2つ、1つを除いて全てベスト5という大人気ユニフォームです。
代替の鮮やかなグリーンとダークグリーンがとにかく美しいと大評判、これまでで最高のユニフォームのひとつと言われています。
オークランド・アスレチックスは移転計画があり、名称変更の可能性が高いですが、配色は残して欲しいという声が多いです。

※ここで使われている写真は全て:©️Wikimedia Commons/画像に変更を加えておりません

参考:
JUST BASEBALL Audacy USA Today 
PhillyVoice BleacherReport The Big Lead

まとめ

MLBユニフォームかっこいいランキング!2023 全チーム画像付、いかがでしたでしょうか。

  • 10位:ボストン・レッドソックス
  • 9位:フィラデルフィア・フィリーズ
  • 8位:シカゴ・カブス
  • 7位:サンフランシスコ・ジャイアンツ
  • 6位:ロサンゼルス・ドジャース
  • 5位:サンディエゴ・パドレス
  • 4位:トロント・ブルージェイズ
  • 3位:セントルイス・カージナルス
  • 2位:ニューヨーク・ヤンキース
  • 1位:オークランド・アスレチックス

(ベスト10だけ)という結果でした。

ユニフォームは好みで分かれるので、順位もサイトによって様々でしたが、上位に入るチームには納得できる要素があるように思えました。
皆様のご意見はいかがでしょう。

数年後に?また調べてみたいと思います。

MLBについての記事

よかったらシェアしてね!
目次