バレンタインデー由来と意味は?世界のバレンタインデー事情

2月のイベントと言えば、14日のバレンタインデーですね。

バレンタインデー(Saint Valentine’s Day)は、聖バレンタインの日という意味。
「聖」と付けば、キリスト教ですが、バレンタインって、どんな人だったのでしょう?

ここでは、

  • バレンタインさんってどんな人?
  • バレンタインデーの起源とは?
  • 世界のバレンタインデー事情

について調べてみました。
アメリカのバレンタインについては、ちょっとだけ詳しくお話します^^

バレンタインとは?

昔むかし、西暦3世紀のローマ帝国の時代です。

ローマ皇帝・クラウディウス2世は、悩んでいました。
若い兵士が、愛する家族や恋人達を置いて戦争に出るのを嫌がっていたのです。

このままでは士気が下がるばかり…で決めたのが、兵士の結婚禁止!

えー^^;

しかしそれを可哀想に思ったのがキリスト教司祭のヴァレンティーノ(英語読みでバレンタイン)です。
皇帝に隠れて、若者達のために、こっそり結婚式を行ないました。

しかしそのことが皇帝の耳に入ったから大変です。

実は当時のローマでは、キリスト教は迫害されていました。
バレンタインはローマ国教に改宗するように言われましたが、もちろん拒否。

投獄され、なんと処刑されてしまったのでした。
それが、

西暦269年(270年説も有り)2月14日

だったのです。

今は愛の日とされているバレンタインデーが、処刑された日なんて、何だか悲しいですね。

でも、何で処刑された日が愛の日に?
それは次に続きます。

バレンタインデー起源とは?

こちらも昔むかし、バレンタインの時代から200年ぐらいたった、やはりローマでのお話です。

毎年2月14日には、ルペルカリア祭が行われていました。

どういうお祭りかというと、未婚女性の名前を書いた札を桶に入れて、次の日に男性達が1枚引きます。
名前の書かれた女性と、祭りの間、時には1年、あるいはそのまま結婚する、というものでした。

えーと、一種の集団お見合いでしょうか…?

しかしキリスト教の教皇ゲラシウス一世は、風紀が乱れる!と、496年にこの祭りを禁止しました。
その代わりに、同じ日に亡くなった聖バレンタインを守護聖人にして、彼を奉る行事にしたそうです。

その後、キリスト教ではカードやギフトを贈る日になりました。
これがバレンタインデーの起源です。

うーん…でもこれ、よく若い男女は祭り禁止に納得しましたね。
本当はそんなお祭り嫌だったんでしょうか?
教皇にはその頃、そんな権限があったんですねー…。

 

と考えていたら、このお話、信憑性は今ひとつらしいです。

なんと!
公式には、キリスト教にバレンタインデーという祝日はないし、由来も内容もよくわからない、が結論だそうです。

第2バチカン公会議というのが1962〜1965年に開かれています。
そこで聖バレンタイン自身の存在も怪しいと、2月14日の記念日が取り除かれたのがその理由だそうです。

バレンタインさんまで…まあ、昔すぎるお話ですからね。

でも!キリスト教が認めなくても、バレンタインデーはこれからも続きますからね^^

 

気を取り直して、世界のバレンタインデー事情に行きましょう!

世界のバレンタインデー

日本では、女性から男性へチョコレートを贈りますね。
でも今では当たり前のこの習慣が広まったのは、1960年頃、結構最近のことなんです。

神戸モロゾフ洋菓子店が1936年に初めて広告を出し、徐々に広まったとか。

今では、義理チョコ、友チョコ、逆チョコ、いろいろありますね。

 

アメリカでは、男性から女性にカードや花を贈ります。

愛の告白というより、「感謝」という感じです。
義理はありません。

また小学校では、クラス全員にバレンタインカードを送ります。
カードにはお菓子やおまけを添えることが多いです。

ええー、クラス全員にカードを用意するなんて大変!と思ったら、バレンタイン用のミニカードがちゃんと売られてました。
しかもクラス全員分が1セットになっていて、名前を書くだけの簡単なもの。
それにお菓子やシール、タトゥー、鉛筆などがセットされているという親切設計です。

手作りカードの子もいましたが、これを利用している人が圧倒的でした。
写真は、娘が1年生の時に貰ってきたものです。

 

イギリスでは、主に男性から女性へプレゼントを贈る日。
でもカップルで贈りあったりもするそうで、要するにカップルの日ですね^^

でも一つ面白い特徴があって、ギフトに名前を書かないことが多いそうです。
送り主は、「あなたを愛する人より」という感じ。

イギリスでは送り主の住所氏名を封筒に書かない習慣があるので、その関係でしょうかね?

 

ドイツでは、男性から女性に花を渡す日です。
既に交際しているカップルか、夫婦のための日で、付き合っていない人はNG!

もちろん義理チョコは浮気しているようなものなので禁止です。
なんか、厳しいですね^^;

 

イタリアでは、男性から女性へプレゼントを贈る日です。
女性から男性へ贈るのもオーケー!

レストランは予約でいっぱいだそうです^^
ラブラブ!

 

フランスでは、男女を問わず、愛する人にプレンゼトを贈る日です。
恋人同士で過ごす特別な日、赤いバラを送り、レストランで食事をします。

まとめ

バレンタインデーの由来と意味、いかがでしたでしょうか。

  • 西暦3世紀の2月14日、キリスト教司祭のバレンタインが処刑された日
  • 200年後、聖バレンタインを守護聖人にして奉る行事にしたのがバレンタインデーの起源
  • でも実はキリスト教にはバレンタインデーという祝日はない
  • 世界のバレンタイデーは様々

でした^^

ホワイトデーがあるのは、やはり日本だけでしたね。

私的には、ドイツのバレンタインデーが、ドイツらしくて面白いな〜と思いました。

皆様も、ハッピーバレンタイン!!